FC2ブログ

半径50キロの季節

『菜のはな』の料理と青森の四季
2019/01/10(木)
前回の続きです。

散歩を終え、吉源さんに戻りました。

DSC_972320181113.jpg

DSC_972420181113.jpg

紅葉がきれい。

DSC_972520181113.jpg

DSC_978920181113.jpg

これは鯛車(たいぐるま)。

新潟市巻に伝わる伝統玩具。

私は、これに似た鹿児島の鯛車を、岩手県立博物館で見たことがあります。

DSC_978720181113.jpg

鹿児島のはこんなの。

omocha-jingu_8.jpg

いつもの部屋に案内されます。

DSC_972720181113.jpg

DSC_972820181113.jpg

DSC_973120181113.jpg

DSC_973220181113.jpg

山ブドウのジュース。

酸っぱさが、空腹を加速させます。

DSC_973320181113.jpg

椎名さんも飲んだ、サントリーの烏龍茶。

DSC_973420181113.jpg

栗のラム酒煮。

お酒の風味、漂いまくり。

大人のマロングラッセ。

DSC_973720181113.jpg

酒びたし(さかびたし)。

塩引き鮭を半年から1年干し、それを薄くスライスしたもの。

噛むうちに、鮭の味が出て、しみじみおいしい。

DSC_973920181113.jpg

前菜。

鮭の料理は左下の尾せんべいと、その上の醤油はらこ。

尾せんべいとは、鮭びたしの尾の部分をスライスして、素揚げしたもの。


熱を加えることにより、鮭の風味がつよくなり、かつクリスピーでおいしい。

DSC_974320181113.jpg

どんびこ塩焼き。

鮭の心臓の塩焼きです。

内臓の弾力があり、驚いたのは、ちゃんと鮭の味がしたこと。

これは日本酒に合いそう。

DSC_974620181113.jpg

白子。

生臭さは、まったくありません。

DSC_974920181113.jpg

子皮煮(こかわに)。

はらこと皮、身のすり身を団子にして、汁仕立てにしたもの。

ふんわりしてほのかに鮭の香りが漂う、風雅な味。

DSC_975120181113.jpg

季節のうま煮。

DSC_975220181113.jpg

焼き漬け。

白焼きにした鮭を、酒や醤油の調合液に漬け込んだもの。

DSC_975420181113.jpg

メフン。

DSC_975820181113.jpg

鮭の血合いの塩辛。

その名の通り、塩辛いけど、魚の風味満載。

たまに、塩引きのパスタを作るけど、隠し味に入れたらどうかな。

強烈に、お酒に合いそう。

DSC_975920181113.jpg

定番の胡麻豆腐。

吉源さんは、これがなくっちゃ。

DSC_976120181113.jpg

川煮。

DSC_976320181113.jpg

鮭をそのままぶつ切りにして、味噌汁で煮たもの。

村上に鮭が還ってくる、今の時期しか食べることが出来ません。

DSC_976820181113.jpg

身が反り返っているのは、鮭が新鮮な証拠。

身もおいしいけど、内臓がそれに輪をかけ、ほんとうにおいしい。

うつくしく立派な姿に、何枚も写真を撮ってしまいました。

DSC_976420181113.jpg

塩引き登場。

今の時期(11月中旬)、塩引きが食べられるとは思っていなかったので、

これはうれしいサプライズ。

DSC_977020181113.jpg

初物とのこと。

DSC_977120181113.jpg

何度食べても、やっぱりおいしい。

日本人は鮭。

DSC_977420181113.jpg

サラダが出てきたということは・・・

DSC_977720181113.jpg

村上牛。

DSC_977520181113.jpg

部位はともさんかく。

ありていにいえば、霜降りのモモ肉。

ちなみに私は吉源さんでこれを食べるまで、ともさんかくって名を知りませんでした。

DSC_977620181113.jpg

適度に弾力があり、肉の味がしっかりしていて、なおかつ脂(村上牛の脂はさらさらしていて、しつこくない)

が乗っているという、私にとっては理想の牛肉。

DSC_977820181113.jpg

ご飯(岩船の新米)とお漬物と鮭のあら汁。

DSC_977920181113.jpg

塩引きを残しておいて、おかずにしましたが、ただただ満足。

DSC_978020181113.jpg

おしまいはコーヒーが出て、

DSC_978220181113.jpg

水菓子。

果物は梨、柿、いちじく。

器の中は、柿の洋酒煮。ラム酒だったか。

吉源さん、今回もありがとうございました。

どの料理もたいへんおいしかったです。

DSC_978420181113.jpg

鮭料理を食べ終わり、店の外に出ると、空は晴れ渡っておりました。

私の気分そのもの。

DSC_979020181113.jpg

2019/01/09(水)
またも村上散歩です。

前回は12月20日だったのに対し、今回のは、その1ヶ月ほど前の11月中旬です。

いつものように猫ちぐらモニュメントにご挨拶。

DSC_964720181113.jpg

つぎはフェリー乗り場へ。

DSC_965020181113.jpg

ちょうど『あわしま』が、停泊していました。

DSC_965320181113.jpg

つぎは、となりの岩船港直売所へ。

DSC_965920181113.jpg

港で水揚げされた鮭が並んでいました。

DSC_966020181113.jpg

DSC_966120181113.jpg

メスは3.6キロで6840円。

DSC_966220181113.jpg

オスは4.3キロで5590円。

イクラが入ってるぶん、メスのほうが高いのね。

DSC_966320181113.jpg

駐車場のネコの写真を撮っているうちに、

DSC_967220181113.jpg

DSC_967720181113.jpg

フェリーは粟島へと、出航していました。

DSC_968120181113.jpg

DSC_968220181113.jpg

吉源さん(の駐車場)に到着。

散歩開始。

DSC_969620181113.jpg

吉源さんの住所は、村上市寺町、お寺が多いところです。

DSC_972120181113.jpg

常念寺。

DSC_969320181113.jpg

イチョウは色づいていました。

DSC_969420181113.jpg

DSC_969520181113.jpg

吉源さんすぐ近くの『ちくに』。

ラーメン屋さんです。

DSC_969820181113.jpg

ちくにさんの広大な駐車場。

かなりの人気店のようですが、私は入ったときがありません。

DSC_969920181113.jpg

ここからは、お寺が続きます。

DSC_969720181113.jpg

DSC_970020181113.jpg

DSC_970220181113.jpg

DSC_970620181113.jpg

お寺さんが続くなかで、ぽつんとあった神社。

DSC_970320181113.jpg

しめ縄が黄色いのは、魚網?

DSC_970420181113.jpg

DSC_970520181113.jpg

料理屋さんかな。

DSC_970720181113.jpg

間口が狭く、奥行きが長い、町屋造り。

DSC_970820181113.jpg

民家の玄関先には、

DSC_970920181113.jpg

犬の石像が。

DSC_971020181113.jpg

肉屋。

DSC_971120181113.jpg

DSC_971220181113.jpg

和菓子屋。

DSC_971320181113.jpg

食堂。

DSC_971420181113.jpg

ランチメニュー。

DSC_971520181113.jpg

ハタハタ煮付けがいいなあ。

DSC_971620181113.jpg

お店のショーウインドウのなかにいた、ニッパーくん。

DSC_972020181113.jpg

散歩終了。

吉源さんに戻りました。

DSC_972320181113.jpg
2019/01/06(日)
庄内町の塩引き街道に行く前に、少し散歩。

散歩といっても、吉源さんのまわりをうろうろしただけですが・・・


まずは指定駐車場にクルマを停め、

DSC_057420181220.jpg

常念寺へ。

DSC_056820181220.jpg

イチョウの木は、すっかり葉を落としました。

DSC_056620181220.jpg

DSC_055020181220.jpg

左に常念寺、右は吉源。

DSC_056320181220.jpg

DSC_056520181220.jpg

となりは畳屋さん。

DSC_055420181220.jpg

たくさんの鮭がつるされています。

DSC_055520181220.jpg

すべて自家用らしい。

DSC_055620181220.jpg

背骨と腹骨の血管は、きれいに掃除されています。

DSC_056020181220.jpg

吉源さんわきの路地。

DSC_056920181220.jpg

民家の塀にも鮭が。

DSC_057020181220.jpg

DSC_057120181220.jpg

村上は、この時期、どこへ行っても鮭ばかり。

DSC_057320181220.jpg
2019/01/05(土)
もう終わってしまいましたが、去年の12月1日から20日まで

『越後村上鮭塩引き街道実施中』

が開催されました。

交通安全のスローガンのようです。


訪れたのは20日の最終日。

DSC_059320181220.jpg

場所は庄内町。

DSC_060020181220.jpg

上の写真では、鮭がずらっと下がっているように見えますが、今年は例年に比べ、

少ないように感じます。

DSC_059420181220.jpg

DSC_059520181220.jpg

DSC_059920181220.jpg

DSC_059720181220.jpg

DSC_059620181220.jpg

スーパーの店頭にも鮭が並んでいますが、

DSC_061220181220.jpg

これらは荒巻鮭(寒風干仕上げ)として売られています。

DSC_061420181220.jpg

腹の割き方が、塩引き鮭とは違います。

DSC_061320181220.jpg

DSC_060120181220.jpg

つくったのは、小学4年生。

DSC_060220181220.jpg

3人で1本みたい。

DSC_060420181220.jpg

中学生は、

DSC_060520181220.jpg

2人で1本か。

DSC_060620181220.jpg

DSC_060820181220.jpg

DSC_060920181220.jpg

本屋の軒下にも塩引き鮭。

DSC_061120181220.jpg


村上は、日本でいちばん、鮭が似合う街だと思う。

DSC_061020181220.jpg

2019/01/05(土)
これは3008か。

もうすこし、幅(1840mm)が狭かったらなあ。

DSC_105020190105.jpg

Before  | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ