半径50キロの季節

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/05/24(水)
川俣町にある猫稲荷神社へ、また行ってきました。

これまでの調査(と言うほど大げさなものではなく、宮城県の丸森町へ1度行き、福島県立図書館に2度行っただけ)で、

猫神の石碑は丸森町、梁川町、霊山町、月舘町、いわき市に存在することがわかりましたが、川俣町にあるとは

どの文献を見ても書いてありませんが、阿武隈川流域の養蚕地帯であった川俣にも猫神の石碑は

あってよいはず。

事件は現場で起きてるんだ!

現場百回


そんなわけで、猫稲荷神社へ出発です。

見送りは草むらでなごんでいた茶吉。

DSC_969920170524.jpg

まったくやる気がありません。

DSC_970320170524.jpg

猫稲荷神社到着。

DSC_972820170524.jpg

DSC_972520170524.jpg

鳥居を背にして右手の景色。

DSC_972620170524.jpg

同じく左。

DSC_972720170524.jpg

DSC_972920170524.jpg

モデルとなったネコは茶トラ?

DSC_975420170524.jpg

DSC_973220170524.jpg

DSC_973120170524.jpg

土の直接刺してあるだけなので、木が痛んでいます。

DSC_973320170524.jpg

同上。

DSC_973420170524.jpg

とりあえずお宮を目指します。

写真右側が参道?

さらさらとした砂地なので、非常に上りにくい。

DSC_973520170524.jpg

何とかすべり落ちずにすみました。

DSC_973620170524.jpg

石段が見え始めました。

DSC_973720170524.jpg

アップ。

DSC_973820170524.jpg

石段の中腹に石碑があります。

DSC_973920170524.jpg

DSC_974020170524.jpg

文字が刻んでありますが、残念ながら「猫」という文字は無いもよう。

DSC_974120170524.jpg

さらに進むと、右手にまた新たな石碑らしきものが。

DSC_974220170524.jpg

これは何?

DSC_974320170524.jpg

石碑上部。

私には、ネコの目、鼻、口、ヒゲが描かれているように見えますが、気のせい?

DSC_974420170524.jpg

ネコがいるようにも、見えます。

今度、公社さんにに借金を払いに行くとき(こればっかり!)、川俣公民館に寄っていろいろ聞いてみよう。

DSC_974520170524.jpg

社殿到着。

全国の猫吉および仲間たちの幸せと健康をお願いしました。

DSC_974620170524.jpg

元々は朱色だったんだ。

DSC_974720170524.jpg

社殿前からの眺め。

DSC_974920170524.jpg

DSC_975020170524.jpg

石碑が猫神のだったらよいけれど、それでどうの、ってな訳でもないし。猫好きの妄想ですか。

DSC_975320170524.jpg

出迎えはポリ吉。

DSC_975620170524.jpg
2017/05/23(火)
米沢にはうなぎを食べるためだけではなく、上杉神社へお参りに行きました。

DSC_962120170523.jpg

DSC_962320170523.jpg

この橋を渡ると松が岬公園(米沢城跡)。

DSC_962620170523.jpg

DSC_962420170523.jpg

お堀。

DSC_962920170523.jpg

お堀にはセレブ鯉。

DSC_962720170523.jpg

セレブ鳩も。

DSC_963320170523.jpg

鳩田先生。

DSC_963420170523.jpg

こちらには先人たちの像がたくさんあります。

松岬神社前の上杉鷹山公。

DSC_962220170523.jpg

松が岬公園内の上杉謙信像。

DSC_963520170523.jpg

DSC_963620170523.jpg

DSC_963720170523.jpg

上杉景勝と直江兼続。

上杉景勝が南魚沼生まれとは知りませんでした。

DSC_964220170523.jpg

また鷹山公。

DSC_964420170523.jpg

DSC_964520170523.jpg

ここから先が上杉神社。

DSC_964820170523.jpg

ひとつめの鳥居をくぐると空気がひんやりとします。

DSC_965120170523.jpg

ふたつめの鳥居をくぐります。

DSC_965220170523.jpg

唐門。

DSC_965320170523.jpg

拝殿。

DSC_965520170523.jpg

この空間だけ、光が強いような感覚に襲われます。

単に玉砂利に、光が反射するだけかもしれませんが。

DSC_965620170523.jpg

参拝のあと、こちらで御朱印をいただきました。

DSC_965920170523.jpg

御朱印帳を置いて記念撮影。

DSC_966120170523.jpg

御朱印帳の表紙はこんな感じ。

DSC_960020170523.jpg

たいへん清浄な感じのする神社です。

DSC_966220170523.jpg

2017/05/23(火)
今日の昼食は、米沢市中心部にある可奈免(かなめ)さんで。

ホームページもあります。

鰻 割烹 可奈免

なぜ米沢までうなぎを食べに来たかというと、今日から、本町の和食店で『うなぎ祭り』というのをやっていて。

行こうと思ったら「満席です」と断られたため。

DSC_966520170523.jpg

可奈免さんは入り口がふたつあり、こちらがテーブル席の、

DSC_966620170523.jpg

こちらが個室、お座敷席用、となっています。

DSC_966720170523.jpg

DSC_966820170523.jpg

店内の様子。

DSC_967620170523.jpg

DSC_967520170523.jpg

DSC_967720170523.jpg

実山椒はミルタイプ。

DSC_967120170523.jpg

注文したのは鰻重膳(松)4,450円。

DSC_967820170523.jpg

ふたを開けると、たいへんいい香りがガツンと直撃します。

DSC_968320170523.jpg

前に書いていますが、こちらは蒸しません。焼くだけです。

とても肉厚なうなぎは、柔らかですが、まったくふにゃふにゃではありません。ちゃんとした食感があります。

そして、変な表現ですが、うなぎの味がします。

蒸すと、柔らかくはなりますが、うなぎのおいしさも抜けてしまうように思います。

写真を見ると、黒いところがあり、コゲのようにも思えますが、まったくそのようなことはなく、ただただ香ばしい。

秒単位の勝負なのでしょう。

そしてここのうなぎはシッポの皮の部分が一番好き、ってかおいしい。

うなぎの風味を一番感じ取ることが出来ます。

そして、ご飯もとてもおいしい。

ホームページを見ると、山形県産のはえぬきを使用しているようですが、硬めに炊かれたご飯は

うなぎにとてもよく合います。

うなぎの食感に合わせて、ご飯の食感その他をチューニングしてると思う。

青森の天ふじと同じ。もっともあちらはシャリに合わせてネタをチューニングしてるのだけど。

うなぎ、私のつたない経験では、ここ、可奈免さんのうな重がいちばんおいしい。

DSC_968120170523.jpg

お吸い物。

DSC_968220170523.jpg

こごみの胡麻和え。

DSC_968420170523.jpg

香の物。

DSC_968620170523.jpg

DSC_968820170523.jpg



2017/05/23(火)
4時40分スタート。

DSC_953620170523.jpg

鳩田先生。

DSC_953720170523.jpg

DSC_953820170523.jpg

紫縛りで。

DSC_954120170523.jpg

DSC_954220170523.jpg

DSC_954620170523.jpg

プリウスのネコはどこへ行ったのか。

DSC_954720170523.jpg

DSC_954820170523.jpg

第一ネコは通りすがり。

DSC_955320170523.jpg

DSC_955420170523.jpg

紫じゃないけれど。

DSC_955520170523.jpg

空き家のサバ白。

DSC_955620170523.jpg

DSC_955920170523.jpg

DSC_956120170523.jpg

臆病な白ネコ。

DSC_956220170523.jpg


神社にいたメカ吉。

DSC_957820170523.jpg

DSC_957920170523.jpg

DSC_958020170523.jpg

DSC_958120170523.jpg

DSC_958320170523.jpg

セクシーポーズ(オスだけど)。

DSC_958620170523.jpg

近づいてきます。

DSC_958820170523.jpg

やってきたトランペットのネコ。

DSC_958920170523.jpg

(メカ吉に)近づいていきます。

DSC_959320170523.jpg

ターゲットにロックオン。

DSC_959420170523.jpg

DSC_959520170523.jpg

メカ吉はすりすり。

DSC_959720170523.jpg

DSC_959820170523.jpg

DSC_960120170523.jpg

DSC_960220170523.jpg

困惑するメカ吉。

DSC_960320170523.jpg

DSC_960520170523.jpg

駐車場にはキジトラのみ。

DSC_960720170523.jpg

キジ白たちがいると近寄ってきません。

ヒエラルキーか。

今日はすりすり。

DSC_960920170523.jpg

うしくん。

DSC_961520170523.jpg

DSC_961420170523.jpg

おしまいは昼下がり、暑さにへたばっていた茶吉と、

DSC_969720170523.jpg

ポリ吉。

DSC_969620170523.jpg
2017/05/22(月)
本日、青森市某店に入荷した、北海道産トキシラズ。

5,8キロですって。

まさにサカナ界のセレブと言えるでしょう。

食べたい!

20170522091545.jpg

Before  | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ