FC2ブログ

神保町

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/07/14(木)
今日の昼食は東京都千代田区神田神保町はさくら通りにある、

DSC_0979_convert_20160714195628.jpg

なかやさんで。

DSC_0982_convert_20160714195729.jpg

うなぎ屋なので箸置きもうなぎです。

DSC_0985_convert_20160714200120.jpg

食べたのはまぶし重。

薬味などがセットされ、

DSC_0987_convert_20160714200152.jpg

お重登場。

DSC_0989_convert_20160714200226.jpg

なかやさんのうなぎは炭の香りがして適度にやわらかくタレの濃度と甘さもほどよく、ご飯も焚きたて。

おいしい。完成度が高いってやつかな。

DSC_0990_convert_20160714200304.jpg

名古屋の『あつた蓬莱軒』さんによる食べ方はこちら。

http://www.houraiken.com/hitsumabushi.html

同席した名古屋出身の友人もおいしいと言っていました。

なかやさんのまぶし重、おすすめです。

DSC_0992_convert_20160714200340.jpg
2013/12/19(木)
単なる神保町での食事です。まずは昼食。

すずらん通りの名店、キッチン南海を横目で見て、



向かったのはスープカレーのお店、鴻(オオドリー)。



1Fがカウンター5席、2Fもあるようです。夜は居酒屋になるようで、カレーは昼のみ?



こういう「作られた」レトロはちょっと苦手。



メニューもろくに見ずに「黒のチキンカレー」を注文。
黒が辛い、という訳ではなく、黒は豚骨ベース、赤は鳥手羽がベースのカレーらしい。
トンコツは苦手なのでちょっと後悔。

とりあえずスープを味わってみると、まず玉ねぎと野菜の甘さが感じられ、後からカレーの風味がついてくる。
ああ、これはトンコツといってもラーメンで言うところの「ライトトンコツ」に近いものなのか。

骨の下処理を十分にしてから、アクをきちんと取りながら煮続けるとこのようなスープになるらしい。
新町のラーメン屋さんと似ている。
カレーなんだけど野菜の味が前面に出て来ていて、美味しい。
ちょっと斜めに見ていたけど、大変きちんとしたカレー屋さんでした、すみません。



夜は駿河台下交差点ちかくのオーレオーレへ。

入店したのが遅く、フラメンコショーは終わっていました、残念。



地下だけど天井をスケルトンにしているので圧迫感はありません。



注文した料理のひとつ、海の幸のパエリア。アルデンテではなく、フツーの食感だった米を除けば
味はおいしい。



連れが注文したデザートのプリン。

紹介され行ったためなのか、店長の佐伯さんが付きっきりで接客してくださり、おすすめの料理とワインを
たくさん出してくれました。
ここはフラメンコを見ながらグループで入店するのがいいと思う。





2013/02/06(水)
特ロースの腹ごなしのため、神保町、御茶ノ水を散歩してきました。

ミロンガ。昭和28年創業。



ラドリオ。昭和24年創業。

作家の逢坂剛さんがここラドリオで直木賞の発表を待ち、そして第96回直木賞を受賞しました。
ウインナコーヒーの元祖でもあります。



集英社。今年のイチオシは『暗殺教室』。


(このマンガ、かなり面白いです)

小学館。通称「ドラえもんビル」。



揚子江菜館。明治39年創業。



日本大学法科大学院。明治21年創立。



明治大学。明治14年創立。



山の上ホテル。昭和29年創業。



柏水堂。昭和4年創業。



神保町周辺の魅力は街が日々変化しているにもかかわらず古い店や建物ががきちんと残っていることで、
地元の人たちが街を愛しているのがはっきりとわかります。

学生や企業がたくさん居るので、街には大手の飲食店やコーヒーチェーンが進出して来ますが、
地元の個人経営の店と戦い敗れ撤退したりしています。

新宿はこの冗談のような店が出来たりしてますが、仮にこの店舗が無くなったとしても、
また似たような店が出来るだけでほとんどの人は悲しまないでしょう。



青森にも神保町に負けず古いお店がありますが、地元の人々は神保町に暮らす人たちのように
お店や街を愛しているのでしょうか。

くどうラーメン。昭和23年創業。



大谷製麺工場。こちらも創業70年以上らしい。



栄作堂本店。昭和6年創業。青森で最初のパン屋。



今日のオマケの一枚。

万世橋警察署の前を走り抜けるランボルギーニ。
まるで〇キブリのよう。羽根も生えてるし。速いし。

2012/03/30(金)
文化の発祥の地(Ⓒ逢坂剛)神保町。

033_convert_20120329191353.jpg

その中枢のすずらん通り。

046_convert_20120329191525.jpg

ここが東京都千代田区神田神保町1-1。

077_convert_20120329191624.jpg

通りには中国料理店。

051_convert_20120329191729.jpg

ロシア料理店。

053_convert_20120329191948.jpg

居酒屋。

058_convert_20120329193125.jpg

路地を一本入ると喫茶店。

061_convert_20120329192157.jpg

喫茶店。

いろいろなお店が立ち並びます。

064_convert_20120329192258.jpg

Before  | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ