今回のおみやげ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/04/11(火)
今回のおみやげは、右から

南部美人 カルメン

萩の鶴 純米吟醸 別仕込 生原酒

この2本はラベル買い。

廣戸川純米吟醸 無濾過生原酒

金水晶純米吟醸

この2本は両方とも福島県のお酒で、酵母とお米が同じ。

ちょうっと前に、ある酒蔵の蔵元の方に、

「日本酒の醸造過程はかなり複雑で、同じ酵母、酒米を使っていても仕上がりにかなり違いが出ます。

同じ酵母と米を使ったお酒を飲み比べるのも、日本酒の楽しみ方のひとつでは」

と言われたことがあり、これらを買いました。

ただ、問題もあって、私の青森の友だちには、

お米を扱う仕事をしているのに、日本酒が嫌いな人(泡のお酒や赤いお酒が好きらしい)や、

持って行った四合瓶を30分で空けてしまって、あとからそのお酒の感想を聞いても、

「わぁー(私は)飲んでない」

とか言う輩が人が多いので、お酒の違いがわかるかどうか微妙。

酒仙、K先生が札幌に行かれたのが実に悔やまれます。

DSC_416620170408.jpg

松の司 純米大吟醸

DSC_417020170408.jpg

酒米は東条山田錦。

DSC_417420170408.jpg

新政 佐藤佐藤卯兵衛

DSC_417120170408.jpg

ラベルには生酛純米としか書いてありませんが、精米率30%、れっきとした純米大吟醸です。

DSC_416920170408.jpg

この2本は長島の焼き鳥屋さんが野辺地で飲む予定が、持って行き忘れたため、札幌に送りますので、

K先生、受け取りのほど、よろしくお願い致します。



この記事へのコメント
萩の鶴、大事に呑んでおりますw
2017/04/12(水) 07:45 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9904-3ccacbb3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ