初午(はつうま)祭

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/03/30(木)
もう3月も終わりですが、こちらに行ったのは2月の11日です。

いろいろ立て込んでいて、記事をUP出来ませんでした。

関係者のみなさん、すまぬすまぬ(UPしてない記事がたくさんあります)。

一発目は菜のはなから。

先付。

鱈の子和え。

鱈は〆てあったかな。

DSC_079920160211.jpg

前菜。

左から鮃のお寿司、青菜のアーモンド和え、鱈子の昆布巻き、干し柿と海苔とバター、蛸の柔らか煮。

干し柿とバターって、大変よく合う。

DSC_080220160211.jpg

お椀は蛤と筍と若芽。

蛤は加布里だったかな。もちろんおいしい。

DSC_080520160211.jpg

お造り。

北寄とクエ。

クエは長崎県。そんなに大きくないらしいけど、脂が乗ってる。

DSC_080720160211.jpg

下北の穴子の骨切りをする主人。

DSC_080920160211.jpg

焼き物。

クエ。

どうやら今日はクエコースらしい。

好みになるけど、クエは火を通したほうがおいしいと思う。

DSC_081020160211.jpg

ここで料理中断。

「外に出ろ」

と店主のお達しです。

よくわからないまま外に出ると。店の前ではまとい振りが行われていました。

DSC_081420170211.jpg

後付けで調べましたが、初午祭とは、五穀豊穣や災いの厄払いを祈願する初午の日にちなみ、

無事故・無火災を祈願する行事だそうです。

DSC_081920170211.jpg

まとい振りを行っていたのは、青森市消防団第三分団の方々。

DSC_082220170211.jpg

このような風習があるのって、すごくいいなあ。

DSC_082920170211.jpg

DSC_083120170211.jpg

焼き物の続き。

かなり弾力があり、噛みしめると脂とうま味が出てきます。

大変おいしい。

DSC_083520170211.jpg

アメーラトマト。

DSC_083720170211.jpg

クエのアラの炊き合わせ。

クエの脂とうま味が野菜に染みこみ、大変おいしい。

本日でいちばん。

DSC_084120170211.jpg

クエの炊き込みご飯。

DSC_084220170211.jpg

これまたクエのうま味がご飯に移り大変おいしい。

DSC_084420170211.jpg

大変幸せな夜でした。


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9868-6c3a9b27
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ