高級納豆を買いに

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/12/21(水)
先日、横手に行ったのは、焼きそばを食べるためではなく、

DSC_004820161214.jpg

納豆を買うためでした。

どうやら横手市は納豆発祥の地らしく、石碑なんかもあるもよう。

到着したのは二代目 福治郎さん。

こちらがホームページ。

http://www.fukujiro.com/

キャッチコピーは

純国産大豆にこだわる日本一高い納豆


一番高いものは

兵庫県篠山産丹波黒豆100%使用究極の納豆が新登場! 兵庫県篠山産黒豆100%使用【丹波黒】

で、30グラムがふたつで2000円。

丹波篠山の枝豆は、夏に西の方の友人から送ってもらったけど、おいしいものなあ。

DSC_005120161214.jpg

横手市郊外の集落の外れ、といったところにあります。

DSC_005220161214.jpg

店内の様子。

DSC_005320161214.jpg

いろんな納豆があります。

DSC_005420161214.jpg

メディアに載った記事や、購入した人からのお礼の手紙などが貼られていました。

DSC_005520161214.jpg

なんと、ルパン三世が納豆を食べている!

これを見ることが出来ただけでも、ここに来た甲斐がありました。

DSC_005620161214.jpg

小十の奥田さんも大絶賛ですって。

DSC_005720161214.jpg

納豆料理のレシピの数々。

DSC_005820161214.jpg

DSC_005920161214.jpg

田中商店の番台に並んだ鶴の子納豆(500円)。

一流の店には一流の商品がよく似合う。

DSC_006620161214.jpg

こちらのお店では、自社できりたんぽも製造しているらしく、遠くから来たというので、おみやげに頂きました。

三関セリがあれば・・・、などとぶつぶつ言っていると、何と、セリも奥から出してきてくださいました!

さっそく、川俣に電話を入れ、シャモ肉を注文、翌日の深夜はきりたんぽ鍋としましたが、

三関セリと川俣シャモの相性は最高。

おいしすぎて、バチが当たりそうな鍋となりました。

二代目 福治郎のみなさん、本当にありがとうございます。

納豆、とても柔らかくおいしゅうございました。

この記事へのコメント
おおっ、モンキー・パンチ先生!
2016/12/21(水) 20:51 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
横手焼きそばは、町おこしで目玉焼きがのるようになったらしいでつw

大阪のホテルで納得食ってるヤツが居たけど、そんなに臭くなかったw
宇都宮とか長崎だと納豆臭が充満してたのに?なんか違うのかな?
2016/12/22(木) 13:38 | URL | F65 #NscJhb76[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9621-a45f2959
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ