今年最後の天ふじ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/12/22(木)
いきなりカウンターの写真から入ります。

DSC_025820161218.jpg

12月も中旬、天ふじさんを訪れるのは今年最後になるのかな。

DSC_025920161218.jpg

窓の外は雪景色。

これぞ青森。

DSC_026020161218.jpg

備前焼の丸皿。

聞けば備前の陶芸家、木村素静(きむらそじょう)さんの作品ですって。

DSC_026220161218.jpg

だんだん大盛りになってきました。

DSC_026320161218.jpg

まずは大トロから。

最近、大トロを頂き、家で食べたのですが、おいしいけど脂が強すぎって感じ。

シャリと一緒だと、脂の強さは感じますが、それがすっと消えていきます。

鮪はそのままお造りで食べるより、握りのほうがおいしいかも。

DSC_026520161218.jpg

鮃。

最初、いつもより塩が強く感じましたが、身が厚く、寿司初心者が言うのもなんだけど、口の中ではバランスが合いました。

DSC_026720161218.jpg

赤貝。

DSC_026920161218.jpg

北寄。

DSC_027120161218.jpg

ぼたんえび。

DSC_027320161218.jpg

雲丹。

DSC_027520161218.jpg

ここからは注文した二品。

一品目は〆鯖。

本日食べた中で一番。

身のグラデーションがとてもきれい。

そしておいしい。

鯖の味に品のある酸味が加わり、口の中でシャリと身が絶妙に合わさっていきます。

DSC_027720161218.jpg

最後は筋子の細巻き。

前日の深夜に、青森の友人たちが『筋子愛』をとてもとても熱く語っていて、食べたくなったので。

ほんのりあたたかいシャリに筋子が少しとけて、それに海苔の風味がとてもよく合います。

やっぱり寿司はシャリだよなあ、シャリ。

DSC_027820161218.jpg

天ふじのみなさん、今年一年、ありがとうございました。



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9613-4bda9435
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ