安芸虎 純米吟醸60% "朝日"

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/12/11(日)
いちばん好きな小説家のひとりが岡山出身の吉行淳之介。

20代のころに、彼の作品はエッセイや対談を含め、全部読んだと思う。

その吉行さんが岡山に帰ると言っていたお店が魚正。お寿司屋さんです。

ずっとずっと昔から、『魚正』の名前は、脳内に刻まれておりました。

来春に岡山へ行くことになり、魚正を検索したところ、お店は健在のようです。

https://tabelog.com/okayama/A3301/A330101/33000111/

ついでに吉行さんのお墓参りもしてこよう。

魚正でシャリに使用しているのは朝日。

東北人の私にとっては聞きなれない名前ですが、備前市在住の小魚ばかり食べている友だちに聞くと、

朝日は岡山では普通に食べられているお米なんですって。

どんな味のお米なんだろう、白米もお寿司も食べてみたい。

とりあえず魚正さんのお寿司の写真を(食べログさんからお借りしました)。

鯵。

20161211174642.jpg

穴子。

20161211174700.jpg

鮑。

20161211174729.jpg

鮑の肝。

20161211174753.jpg

蛤。

20161211174810.jpg

で、この朝日を使った日本酒を探したところありました。

醸造元である有光酒造場さんのホームページ。

手作り感満載です。

http://ww8.tiki.ne.jp/~akano/index.html

創業は明治36年、年間製造数量は250石と、たいへん小さな酒蔵のようです。

安芸虎 純米吟醸 "朝日"

asahi2720161211.jpg

猫にしか見えない虎のラベルに惹かれて、このお酒を買った訳ではありませんので念のため。

長島の焼き鳥屋さん、数日中にこちらのお酒が届きますのでよろしくお願いいたします。

なのでK先生、早く青森に来られてください。



この記事へのコメント
穴子の巴にぎりが特に美味しそうw
2016/12/11(日) 21:07 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
>猫にしか見えない虎のラベル

某所のキジトラ?
額の柄がちょっと違うけどw
2016/12/11(日) 21:53 | URL | F65 #NscJhb76[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9585-ee775af9
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ