修理明細

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/12/11(日)
先月の中旬、Aさんの工場で、修理を終えたクルマを受け取った後は、

DSC_050720161116.jpg

山都町でそばを食べたり、

DSC_053120161117.jpg

村上市や、

DSC_009320161126.jpg

サーキットに行ったりしましたが、メルセデスはしごく好調。

DSC_059120161205.jpg

さて、天栄村で交換した部品は次の通り。

エアサスコントロールユニット。

定価は237000円なり。

もちろんそんなものを買う訳は無く、中古(11500円)を取り付けてくださいました。

DSC_015220161210.jpg

フロントのエアサス用レベルセンサーは左右交換。

こちらはひとつ16800円。

DSC_015620161210.jpg

環境にやさしい無鉛ハンダはクラックが入りやすく、お財布とクルマにはやさしくありません。

前回、スピードメーターの照明が消えたのも、同じたぐいの故障と思われ。

再生プラスチックもふくめ、この時代のヨーロッパ車はつまらない故障が多い。

半世紀前の、テレフンケンの真空管のほうが信頼性は高い。





この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9584-70708ac2
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ