クエづくしの夜

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/11/14(月)
青森の街をぶらぶら歩き、

DSC_030220161114.jpg

到着したのは菜のはな。

DSC_030320161114.jpg

今日はクエを食べにきました。

たいへんきれいな身です。

DSC_030520161112.jpg

まずは胃袋と皮の酢味噌和え。

食感は完全に動物の内臓。

DSC_030820161112.jpg

アラ炊き。

軟骨や骨のまわり。手をべたべたにしながら食べました。

芳醇という言葉が自然と出てきます。おいしい。

DSC_031120161112.jpg

アラを炊いた煮汁で煮た野菜。

魚のフュメというより肉系を感じさせます。

特に里芋がおいしかった。

DSC_031420161112.jpg

お造り。

当然クエのみ。右から脂のない順に背中、尾、腹。

DSC_031720161112.jpg

背中。

いちばん脂が少ないといってもそこはクエ、しっかりとあります。ただ味もあるので、個人的にはこれが

いちばんバランスがよかった。

DSC_031920161114.jpg

尾。

噛むと脂がじわっとしみ出てきます。

脂に山葵が負けるので、塩で食べました。

DSC_032020161114.jpg

腹。

脂の中に身が浮いている感じです。

脂は甘く、味もほどよくありまったく嫌な感じではありませんが、これだけ多いと年寄りには少々きついかな、おいしいけど。

DSC_032120161114.jpg

焼き物は、お造りで少しきつかった腹。

腹骨を付けたまま焼いているので、スペアリブのような。

一部分は自身の脂で揚げた状態になりクリスピーーなところもあり、ほどよく脂も落ち、適度な歯ごたえもあり、おいしい。

DSC_032520161114.jpg

鍋。

頭。

食感は鳥肉のよう。

DSC_032920161114.jpg

食事。

口のまわりの肉だそうです。山椒がアクセントになっています。クエの脂が米にコーティングされ、炒飯のよう。

おいしかった。

DSC_033220161114.jpg

水菓子。

ラ・フランスは洋梨の女王。香り、食感、甘さと酸味のバランス、すべて完璧。

DSC_033520161114.jpg

クエは不思議な魚です。脂が多く、火を入れたときの食感は鳥肉にも似たところがあります。

独特のうま味があり、それが人を引き付けるのでしょう。

シャリと合わせるとどうなのかな。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9521-b03aa716
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ