米鶴酒造へ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/10/27(木)
山形県は高畠町にある米鶴酒造へ行ってきました。

まずはたねやさんへ。

この前ここらでカモシカを見ました。

DSC_037020161027.jpg

たねやさん到着。

DSC_037220161027.jpg

松茸はほとんど終わり。

DSC_037420161027.jpg

これが一番高い。

DSC_037520161027.jpg

虫くいは1.000円と1.500円。

DSC_037720161027.jpg

100グラム1.500円の巨大松茸。

DSC_037920161027.jpg

松茸ご飯ひとパック1.080円は高いのか安いのか。

DSC_038020161027.jpg

丸ナス浅漬けももう終わりに近づいています。

DSC_037320161027.jpg

たねやさんから20分弱で米鶴酒造着。

ここからしばらく東へ行くと宮城県となります。

DSC_041120161027.jpg

事務所。

DSC_040220161027.jpg

ショールーム兼直売所。

米鶴さんで以前発売されたあるお酒が欲しく、電話で尋ねたところ一本だけ在庫しているとのことなので、
それを手に入れるため、こちらへ来たのでした。

DSC_040020161027.jpg

任務完了。

せっかくなのであちこちうろつきます(蔵の人に許可は取りました)。

DSC_040120161027.jpg

DSC_039720161027.jpg

DSC_041820161027.jpg

DSC_041420161027.jpg

DSC_041620161027.jpg

DSC_041520161027.jpg

DSC_039820161027.jpg

DSC_040420161027.jpg

DSC_040620161027.jpg

DSC_040720161027.jpg

DSC_041020161027.jpg

DSC_041320161027.jpg

DSC_041120161027.jpg

この道は七ヶ宿の街道っぽい。住所は山形県東置賜郡高畠町二井宿1076だし。

DSC_042120161027.jpg

そうすると下の小説の登場人物たちはここを歩いたことになります。

http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198641658

1106662241_main_l20161027.jpg


DSC_042020161027.jpg

長島の焼き鳥屋さんへのおみやげに買った純米吟醸も評判よかったし、猫の宮もあるし、高畠はいいところです。

maho20161027.png

DSC_042720161027.jpg

この記事へのコメント
>猫の宮もあるし

風光明媚な土地のようで良いですね。

煙突の煉瓦の具合がちょっと怖いですw
2016/10/27(木) 23:58 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
BXを稼動したんでつか?
2016/10/29(土) 02:18 | URL | F65 #NscJhb76[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9464-06e29de3
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ