北魚沼農協へ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2016/10/12(水)
時系列がものすごくいい加減になってますが、南魚沼の龍寿しさんで昼食を取ったあとは、

DSC_014720160922.jpg

魚沼市板木にあるJA北魚沼さんへ。

DSC_015420161001.jpg

販売促進課の方に案内していただきました。

(収穫時のお忙しいときに素人が押しかけ、大変ご迷惑をおかけしました)

とりあえず写真を撮ります。

ここが、

DSC_015820161001.jpg

利雪型米穀低温貯蔵施設。 

IMG20161003.jpg

もらったパンフはこんな感じですが、これでは細かくてわかりにくいので一部を拡大します。

IMG_000120161003.jpgIMG_000220161003.jpg

IMG_000720161011.jpg

IMG_000820161011.jpg

これが雪室。

去年は雪が少なかったため、あちこちから持ってきたそう。

なぜか米ぬかのにおいがします。

DSC_016420161001.jpg

最高品質のコシヒカリが入る雪温貯蔵庫(雪冷房)

室温は5℃、湿度70%。

玄米:5.300俵(318トン)。

雪室が米ぬかのにおいがしたのは空気を雪室と循環させているために、ぬかのにおいが雪に吸着するためだそうです。

大変さわやかです。

DSC_0169201610010.jpg

下の表のうちSSランクの玄米が雪温貯蔵庫(雪冷房)に入ります。

IMG_000620161011.jpg

あとこのような区分けもあるようです。

厳選米(食味品質区分ランクSS、SA)

特別栽培米(新潟県認証農薬・化学肥料8割減栽培)

特別栽培米(新潟県認証農薬・化学肥料5割減栽培)

特別栽培米(農林水産省ガイドライン認定農薬・化学肥料5割減栽培)

JAS有機認定米(農薬・化学肥料不使用)

グローバルGAP認定米(国際基準栽培米)

はざかけ米(自然乾燥天日干し)


って、こんなに細かく分けられているなんてまったく知りませんでした。

IMG_000420161011.jpg

こちらが電動ラック低温貯蔵庫(雪冷房)

DSC_0165201610010.jpg

室温13~15℃。

玄米:24.000俵(1.440トン)。

DSC_0166201610010.jpg

倉庫の外では新米が運び込まれていました。

DSC_016020161001.jpg

運び込まれた新米たち。

DSC_0167201610010.jpg

SA。

DSC_017120161003.jpg

SS。

DSC_017020161003.jpg

DSC_017220161003.jpg

グローバルGAP認定米。

グローバルGAPについてはこちらを参照してください。

http://www.globalgap.jp/

DSC_017320161003.jpg

倉庫を見学したあとは、事務所に案内していただき、いろんな話しをお伺いしました

(素人がほんとうにすみません)。

窓の外の雪囲いが豪雪地帯であることを示しています。

DSC_016320161001.jpg

DSC_016220161001.jpg

事務所のパーテーションに貼ってあった田んぼの写真。

私は北魚沼に来たわけは、単にコシヒカリが育っている田んぼを見たかっただけなんです。

今日、ほんとうはJAの方が「ここが北魚沼の田んぼだ!」といった感じのところまで案内してくださる

予定だったのが、あいにくこの日は雨が降ったりやんだりで、私が望むような風景のところに行くのは

大変なので、代わりに急きょ北魚沼のお米のことを事務所で説明してくださったわけです。

DSC_017420161003.jpg

こんなところに行きたかった。

IMG_000120161011.jpg

栽培方法も下のようなガイドラインを設けて指導しているそうです。

IMG_000320161011.jpg

IMG_00022016101111.jpg

こんなことを書くとJA北魚沼の方々に怒られそうですが、米は農家の人から直接買うのが良いと思っていました。

これは南魚沼の農家の方に聞いた話しですが、南魚沼には大沢川という川が流れていて、その流域の米が

評価が高く、そして左岸と右岸では味が違うそうです。

農家一軒一軒で栽培方法も違ってくるはずで、フランスワインの表記は

ボルドー地方のメドック地区、マルゴー村のシャトー・マルゴー、などとなっていて、米においてもピンポイントで

おいしい、シャトー・マルゴーのような田んぼがあるはずで、そこから買うのが理想と思っていました。

今でもそれが一番とは思いますが、まずマルゴーを見つけるのが困難。

まあ10年くらい魚沼に通えば可能かもしれませんが、非現実的。

それと重要なのはJA北魚沼に行けば一年中365日、同じ品質の米が手に入ることです。

個人で米用の冷蔵庫を持つのも大げさですし、ましてや北魚沼の雪室は湿度まで管理して恒温冷蔵庫と同じ。

個人で手軽に手に入る米としては北魚沼産のものが最高峰だと思います。

でもまだ食べたことがないので、とりあえず食べてみないと。

特別栽培米、グローバルGA認定米、はざかけ米あたり。



どこの馬の骨だかわからない人間に対して、2時間以上いろいろ教えてくださった、JA北魚沼のみなさん、

大変ありがとうございました。

下は頂いたパンフレットの一部です。

IMG20161012.jpg

IMG_000820161003.jpgIMG_000920161003.jpg

IMG_00012016101220161012.jpg

IMG_000220161012.jpg

IMG_000320161012.jpg

IMG_000520161012.jpg






この記事へのコメント
魚沼コシヒカリはただでさえブランド価値があるので、多少貯蔵にお金をかけてさらにブランド価値を高めても売れるのかもしれませんね。

農協が付加価値を高めようと頑張ってるのかもしれませんが、施設を全部農協の金で賄っているのではなく恐らく補助金がある程度出ているんでしょうね。

ブランド価値が高まり、生産者が潤うのはいいと思うのですがこの施設の利用料だなんだといって結局農協の利益になるのでは意味ないと思います。
2016/10/12(水) 15:31 | URL | けん #-[ 編集]
ワインだとACなんとかなのか?なんとか協同組合になるのかどっちなんだろ?
つか、村名クラスか?
ACなんとかだと、新潟県産コシヒカリだと品種がコシヒカリじゃないし。
村名クラスじゃないと商品名=品種になんないのかな?
ACブルがピノじゃない感じ。
酷い話し。

なんとか組合は、日本だと芋焼酎であるみたい。
2016/10/12(水) 16:32 | URL | F65 #NscJhb76[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/9413-e43e550b
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ