FC2ブログ

今日の昼食は馬肉ラーメン

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/10/11(木)
今日は、栗むし羊かんを買いに山形県は白鷹町にある、やまり菓子舗さんへ。

DSC_833420181006.jpg

この前、酒田からの帰りに立ち寄ったところ、羊かんはすでに売り切れ。

DSC_8332.jpg

まあそのときは土曜日の1時すぎだったし、今回は平日の11時、しかも雨。

大丈夫だろうとたかをくくっていたら、すでに完売ですって。

がっかりきて、写真を撮るのもわすれ、上の写真は、酒田からの帰りのときのものです。

DSC_8333.jpg

仕方がないので、ふらふらと白鷹町の道の駅へ。

DSC_835520181011.jpg

ここは最上川の岸辺にあり、やな場が設置されています。

DSC_835720181011.jpg

DSC_835820181011.jpg

DSC_836020181011.jpg

あゆの炭火焼きも食べることが出来ますが、焼き場のお兄さんに聞くと、

「〇食」

とのこと。

DSC_836120181011.jpg

DSC_836220181011.jpg

こちらのあゆも、基本同じらしい。

DSC_836320181011.jpg

あゆ定食は1980円。

数年前もここに来て、何も食べないで帰った記憶がよみがえりました。

DSC_836420181011.jpg

仕方がないので、数年前、新町のラーメン屋さんにいただいた、1994年発行のこの本に載っている

長井市の新来軒さんへ。

DSC_0064_convert_20160530081640.jpg

本によると、こちらは創業昭和5年。

DSC_836720181011.jpg

DSC_836820181011.jpg

DSC_836920181011.jpg

店内の様子。

DSC_837220181011.jpg

年季のはいったエアコン。

DSC_837420181011.jpg

なぜかレジに置かれているけん玉。

DSC_837920181011.jpg

撮り方が悪いのでよく見えませんが、ラーメンの麺とそばは自家製麺という張り紙。

日本酒もボトルで頼めるみたい。

DSC_838020181011.jpg

メニュー。

冷やどんって何?

この順列からすると、冷やしラーメンのことか。

冷やしのみそがあるのは珍しい。

DSC_837020181011.jpg

注文したのは、支那そば、650円。

注文するときに

「チャーシューはすべて馬肉なんですか」

と聞いたところ、豚と馬だそうで、

すべて馬肉でとお願いしました。

さてお味は・・・

けっこう和風。あとトンコツをかすかに感じます。

麺は中太のストレート。

馬肉はまったく脂がなく、やわらかい。

まとまっていて、おいしいラーメンです。

山形にはラーメンの麺とそばの出汁を組み合わせたラーメンがありますが、

こちらもその遠い親戚のような感じです。

本には、チャーシューは薪で炊いて、メンマはその熾火で3日間煮る、とあったので聞いたところ、

地震で薪さんが廃業し、そこからガスになったとのことでした。

DSC_837720181011.jpg

その後はクルマでごった返す龍上海本店のわきを通り、

DSC_838220181011.jpg

南陽市のうるしやま果樹園で、青森方面にラフランスの発送を頼み、

DSC_838320181011.jpg

高畠のたねやさんで、丸ナスの浅漬けを購入して帰宅。

DSC_838920181011.jpg

この記事へのコメント
「○殖のあゆ」って聞くとwエイベックスのアノ人を思い出すw今日この頃w
栗蒸し羊羹と小布施辺りの栗羊羹は別物だと思う。
栗蒸し羊羹は、蒸し羊羹の一種だと思う。
もちろん、オイラの私見でつw
2018/10/12(金) 01:05 | URL | F65 #Q.zvybpY[ 編集]
>チャーシューはすべて馬肉

鹿肉に近い感じなんですか?
それとも全然違う?
馬肉は、記憶の中では馬刺ししか記憶に無いので。(馬は、加熱調理の記憶が無い。鹿は諸々)
2018/10/12(金) 01:09 | URL | F65 #Q.zvybpY[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10830-788d3ffb
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ