FC2ブログ

村上の夏を吉源さんで

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/08/11(土)
午前中に門前町の耕雲寺を訪れたあとは、

DSC_457120180727.jpg

昼食のために寺町へ。

まずはいつものように浄念寺さんへ。

DSC_458920180727.jpg

DSC_459020180727.jpg

サルスベリ。

DSC_459220180727.jpg

DSC_459120180727.jpg

DSC_459320180727.jpg

DSC_459420180727.jpg

DSC_459520180727.jpg

12時ちょうどに吉源着。

まあ、道路を渡っただけなんですが。

DSC_459620180727.jpg

いつもの部屋へと案内されます。

DSC_459920180727.jpg

DSC_460120180727.jpg

ウェルカムドリンクは、山ぶどうのジュース。

DSC_460420180727.jpg

一の膳。

DSC_460620180727.jpg

すこし燻香が掛けてありました。

DSC_460920180727.jpg

焼き茄子の上には鮭節が。

DSC_461020180727.jpg

酒びたしが出て、

DSC_461320180727.jpg

二の膳。

たたずまいがうつくしい。

緑一色。

DSC_461620180727.jpg

三面川の鮎の塩焼きと、

DSC_461720180727.jpg

一夜干し。

ともに小ぶりのものでしたが、苔の香りはどちらもしっかりとありました。

DSC_461920180727.jpg

鮎の下には、サザエの串焼き。

DSC_462320180727.jpg

鱧寿司。

DSC_462720180727.jpg

もっちりとしていて、おいしかった。

上に乗っているのは花山椒。

花山椒好きな人は、くやしがってください。

鱧も岩船で揚がったものだそうで、皿の上すべてが村上の地の物。

煮梅の梅と、栗(鱧寿司のうしろにぼやけて写っている)、花山椒にいたっては、

吉源さんの敷地内から調達したものか。

ちなみに花山椒は、採ったやつを冷凍したもの。

フレッシュのには及びませんが、しっかりと花山椒の香りがしました。

夏の暑いときにふさわしい涼し気なお皿。

使われている梅や山椒も、夏バテ気味になる食べ手に対しての心配り。

これぞ村上の夏。吉源の夏。

DSC_462520180727.jpg

続いて運ばれてきたのは、山北町の岩牡蠣。

DSC_463520180727.jpg

噛んだ瞬間に、フレッシュなジュースがあふれ、口の中を満たします。

コクはそれほどでもありませんが、このジューシーさ、フレッシュさは凄い。

たいへんおいしい水を飲んでいるよう。

食べているのに「飲んでいる」との表現はおかしいですが、そのくらいこの牡蠣はおいしかった。

本日の一番。

DSC_463220180727.jpg

岩牡蠣の余韻に浸っていると、お皿に山盛りの枝豆が運ばれてきました。

品種はいきなまる。

DSC_463620180727.jpg

茹でたてで運ばれてきたので、食べているうちに、豆の温度が下がっていき、

それにともない、香りや味わいが微妙に変化していきます。

それを味わってもらうためのこの量なのか・・・

なんにしても、おなかいっぱいにはなります。

DSC_463720180727.jpg

次は作りたての抹茶豆腐。

ほんのりとあたたかく、とてもおいしい。

それにしても、今日は緑が多いなあ。

DSC_463820180727.jpg

次はお肉。

DSC_464020180727.jpg

左から、笹川流れの藻塩、山葵、醤油ダレ。

DSC_464120180727.jpg

お肉には、いつも大量のサラダが付いてきますが、その理由は、

「肉だけだと体に悪いから」

だそうです。

DSC_464320180727.jpg

このトマトがおいしい。

DSC_464520180727.jpg

村上牛登場。

DSC_464720180727.jpg

これ、サーロインじゃないか!

店主さんは、

「今日はランプを仕入れるのを忘れたもので・・・すみません」

などと、さらっと言っていますが、きっと、私にサーロインを食べさせたかったのだろうな。

DSC_464620180727.jpg

最初は、左の状態くらいで食べましたが、

おいしいけどやっぱり脂が・・・

ぼやぼやしているうちに、肉はウエルダンとなり、陶板の上は脂で満たされ、素揚げのような

状態となってしまいました。

失敗したかな・・・

と思いながら食べると、あれっ、おいしい。

(私にとっては)余計なサーロインの脂が流れ、肉のうまみが凝縮され、表面はカリッとして

たいへんぜいたくな焼肉とあいなりました。

DSC_464820180727.jpg

ご飯セット。

お味噌汁の具はワタリガニ。

DSC_464920180727.jpg

きゅうりとしその実の浅漬けと梅。

これも緑。

DSC_465020180727.jpg

酒びたしてご飯を巻いて食べました。

棒寿司なんかにしたら、どうなのかしら。

DSC_465120180727.jpg

さいごはコーヒーと、

DSC_465220180727.jpg

デザート。

DSC_465520180727.jpg

いつものように、たいへんおいしかった。

DSC_465620180727.jpg

秋には川煮を食べにきたいけど、その前にもう一度?

DSC_465720180727.jpg

DSC_465820180727.jpg

吉源のみなさん、ごちそうさまでした。

DSC_465920180727.jpg

この記事へのコメント
>私にサーロインを食べさせたかったのだろうな。

本当によいお店ですね。
2018/08/11(土) 18:16 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
>私にサーロインを食べさせたかったのだろうな。

最近、七輪屋に、こう言う肉が入荷しないで赤身ばっかりで悲しい。
オヤジ、肉屋と喧嘩したのかな?
2018/08/12(日) 19:29 | URL | F65 #Q.zvybpY[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10797-02d00c97
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ