FC2ブログ

荒浜

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/06/24(日)
閖上の若草寿司さんで、桜にぎりを食べたあとは、魚屋さんに行き、聞き込み開始です。

DSC_315820180622.jpg

たださいかい市場の魚屋さんにおいてあるのは、冷凍ものや乾物ばかり。

十三湖の冷凍しじみもあったような。

一軒だけ貝を扱っているお店がありましたが、だれもいません・・・

これで終了とも思いましたが、魚屋さんだからしじみのことも知っているのでは、と目の前の魚屋さんに

飛び込みました。

元気なおばちゃんに、しじみのことをたずねると、

「あら!閖上のしじみ、たべたことあるわよ!ただ、ここしばらくは入ってこないみたい。

私はくわしくないから、専門家に聞いてあげる」

と、ガラケーを開き、どこかへ電話してくださいました。

その結果わかったことは、

「閖上でしじみは獲れるけど、ここ1週間は水揚げがない。

なので、あなたの食べたしじみは、閖上産ではないと思う。

となりの荒浜でもしじみは獲れるから、そこへ行ってみたら」

ということでした。

ありがとう、おばちゃん。

荒浜というのは、阿武隈川の河口があるところです。

ちなみに閖上は、名取川の河口。

阿武隈川の河口につきました。

この巨大な堤防の階段をのぼると、

DSC_316620180622.jpg

いつも見ている、空と、海と、川の景色がひろがっていました。

海側。

DSC_317320180622.jpg

上流側。

DSC_316920180622.jpg

震災の爪あとが残る景色ばかり見ていたので、この風景は磯自慢大吟醸中取りを飲んだときのように、

こころに染み入りました。

これにはもうひとつ理由があり、相馬~閖上と、海沿いを走ったにもかかわらず、海が見えることは、

ほとんどありませんでした。

見えるのは、万里の長城のような堤防ばかり。

仕方がないのはわかっていますが、何者かにとらわれているような、錯覚さえ抱きます。

DSC_317120180622.jpg

漁師さん?

DSC_317820180622.jpg

グーグルマップで、近場の施設を見ると、

「鳥の海ふれあい市場」

というのがありました。

とりあえずそこに!

DSC_316820180622.jpg

ここからは、写真がほとんどありません。

下のは鳥の海ふれあい市場で売っていたワタリガニ。

冷蔵ケース2台で売られていました。

今度、長島に送って、ケジャンにしてもらいますか。

DSC_317920180622.jpg

DSC_318020180622.jpg

これをみると、出荷者は漁師さんだな。

DSC_3180_120180622.jpg

ワタリガニの近くに、しじみが売られていました。

でも大きくはありません。

出荷者は、田中商店じゃなくて、武蔵商店となっていたので、先生にたずねると、すぐ近くのようです。

いそいそとそこへ行き、お店の人に下の手配書をみてもらうと、このくらいの大きさのしじみはあって、

今の時期は週に3日ほど入荷し、今週も、仙台の市場に出荷しているそう。

ああ、私が食べたのは、ここの特大サイズのものだったのか。

入荷と書きましたが、阿武隈川でしじみを獲っている漁師さんは8人おられ、その方々がこちらに

しじみを持ち込んでいるそうです。

しじみ漁は、6月から8月にかけて行われる由。

特大しじみ5キロを注文し、青森と新潟の食のプロの方々へ入荷次第送ってもらうよう手続きをして、今回の任務は完了。

※今日の朝、田中さん(田中さんも私の中では一応食のプロになっています)から

「なんか黒いの届いたよ~」

と連絡がありました。

田中さん、しじみ食べたら、味の感想を教えてください。

それにしても、なぜこれほどのしじみが知られてないのか。

ちなみに「亘理町 荒浜 しじみ」で検索すると、トップには河北新報社のFacebookが表示され、そこには、

『亘理町荒浜地区のお年寄りグループ「しじみの会」が・・・』

と、じじみとは無関係な記事が出てきて、ヒットするのはわずかに10件、しじみはまったく出てきません。

これは、流通する絶対量が少く、漁期も短い、結果誰も荒浜しじみのことを知らないので、

ほかの市場から引き合いがないからだと考えられます。

みんな、十三湖や小川原湖産、宍道湖産を欲しがるものね。

もうひとつは、このしじみを扱っている漁師さんや、問屋さんがみなホームページなどをもっていないこと。

このふたつが、荒浜しじみが表に出ない主な理由と考えられます。

私が河口でみたのは、しじみ漁の船だったのかしら。

DSC_308420180621.jpg

あとは武蔵さんから聞いた話し。

ここ亘理町荒浜の一番の名物は、秋のはらこ飯で、漁師さんの仕事は鮭漁がメインらしい。

シーズンになると人が押し寄せるそう。

後から調べると、ここははらこ飯発祥の地でした。

関係ないけど、亘理町には虎子明神という、虎毛猫のお墓があるそうです。

季節によって、ホッキやシャコの漁があって(ホッキ丼やシャコ丼がある)、もちろんワタリガニもたくさん獲れ、

何年も前から探していたハゼの焼き干しも、季節がくればあるそうです。

焼き干しはそのほかに、穴子や、ベラのが・・・ってか、そんなのまったく知りませんでした。

津波で建物は流されてしまったけれど、荒浜の川と海は、とても豊かでした。

荒浜のしじみは、有名にならず、このままのほうがいいかも。

DSC_317120180622.jpg

福島市は出世稲荷のすぐ近くの標識。

DSC_320720180624.jpg

今日の朝5時の阿武隈川。

DSC_320520180624.jpg

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10753-d50e3c02
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ