FC2ブログ

閖上へ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/06/22(金)
宮城県産しじみの、あまりの大きさとおいしさに衝撃を受けた私。

さっそく閖上に行ってきました。

自宅から閖上まで、先生にたずねると、75キロ、2時間弱かかるようです。

ちょっと遠回りして、相馬経由で。

今日、はじめての海。

DSC_311620180622.jpg

常磐線は、すべて高架式になっていました。

DSC_311820180622.jpg

とにかく何もありません。

道路を走っているのは、ほとんどがダンプとタンクローリー。

DSC_312320180622.jpg

重機だけはさかんに動いていました。

DSC_312120180622.jpg

堤防をつくっているのか。

DSC_312220180622.jpg

道路わきの神社。

拝殿と本殿は新しくなっていました。

木は無事だったのか。

DSC_312420180622.jpg

DSC_312820180622.jpg

閖上到着。

DSC_312920180622.jpg

仙台空港が近いせいか、けっこうな頻度でヘリやセスナが飛んでいます。

DSC_313120180622.jpg

まずは日和山の上にある神社へお参り。

日和山は人工の山で、標高6.3メートル。

神社がありましたが、お社は津波で流されてしまいました。

DSC_313320180622.jpg

今は再建され、トイレまであります。

DSC_313520180622.jpg

お札やお守りの授与所もできました。

DSC_313620180622.jpg

風が吹くと、絵馬同士がぶつかり、カラカラと音をたてます。

DSC_314020180622.jpg

DSC_313720180622.jpg

狛犬。

DSC_313820180622.jpg

DSC_313920180622.jpg

閖上湊神社・富主姫神社。

DSC_314120180622.jpg

DSC_314220180622.jpg

日和山からのながめ。

DSC_314320180622.jpg

DSC_314620180622.jpg

津波で流されたと思われる石碑が横たわっていました。

DSC_314720180622.jpg

日和山の脇にある慰霊碑。

まわりに何もないため、寂寞感がつのります。

DSC_315120180622.jpg

塔の高さは8.4メートル。

津波が押し寄せた高さと同じだそうです。

手前の芳名板には、無くなられた944人の名が刻まれていました。

DSC_315220180622.jpg
この記事へのコメント
>まわりに何もないため、寂寞感がつのります。

砂利や土むき出しの、だだっ広い地面を見ているとつくづくそう感じます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
2018/06/22(金) 21:00 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
このとき気になっていたのは、どれだけの猫や犬がなくなったのかと

いうことでした。

すこし検索しましたが、供養碑などは、ないみたいですね。

犬の宮と猫の宮を分社して、どこかに建てれば・・・
2018/06/22(金) 21:40 | URL | Okasaka #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10751-d23532ad
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ