漆山果樹園で午後の紅茶

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/07/03(月)
天童から福島への帰り道、漆山果樹園でティータイム。

※下の写真は昔のです、すみません。

ここは発送所兼直売所兼カフェ。

DSC_022320160818.jpg

カフェで飲んだのはダージリン。

ここには紅茶の専門家がおられ、その方に

「(紅茶のことを)まったく知らない初心者にも紅茶のよさがわかるような紅茶をお願いします」

とお願いし、出されたのがこれ。

DSC_279820170628.jpg

口に含むとフルーティーな香りが鼻にすっと抜けていき、そのあと渋みがきます。

とてもさわやかで繊細で優雅。天上の音楽のよう。

紅茶の温度が下がったところで砂糖を投入すると、渋みがすっと消えていきました。

DSC_279620170628.jpg

せっかくなので、ブドウ畑を見せていただきました。

DSC_280020170628.jpg

もう少しで出荷が始まるデラウエア。

DSC_280320170628.jpg

ここらへんのが形もよく、熟しし始めています。

DSC_280520170628.jpg

熟成途中。

試食させてもらいましたが、酸味があってとてもおいしい。

こんなのでお菓子をつくればいいのに。

DSC_280220170628.jpg

曲がってしまったもの。

形を整えるため、ひと粒ひと粒ピンセットで摘んでいくそうです。

いったいなん房あるんだ。

DSC_280620170628.jpg

下草はこまめに刈り取るそう。

ヘビがいてもわからなくなるのが困る由。

DSC_280720170628.jpg

右側の木(といっても、ここらのブドウはすべて一本の木から生っていますが)が樹齢20年ほど。デラの寿命は30年弱。

DSC_280820170628.jpg

年月を経ていくと、葉の勢いが弱まっていくらしい。

こうして無駄な知識が増えていきます。

DSC_280920170628.jpg

漆山果樹園のブドウは30種類以上あり、これから3ヶ月ほど出荷が続きます。

この記事へのコメント
アイスみたいなのと、うえにのってるのはなんですか?
2017/07/03(月) 21:29 | URL | F65 #-[ 編集]
最近、ワタクシも紅茶を飲むようになりますたw
2017/07/03(月) 22:25 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10142-4861bfa7
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ