芽生会 ふぐ福まつりby菜のはな

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/06/18(日)
お昼は天ふじさんで

DSC_919620170519.jpg

おいしいお寿司を食べた日の夕食は、

DSC_920120170519.jpg

DSC_923320170519.jpg

指定駐車場にクルマを停め、

DSC_922720170519.jpg

駐車場の向かいのコーヒーショップでひと休みして、

DSC_923120170519.jpg

菜のはなへ。

DSC_923420170519.jpg

DSC_923620170519.jpg

DSC_923920170519.jpg

今夜は河豚を食べにきました。

ふぐ福まつり、昨日で終わってしまったようです、すみません。

IMG_000120170519.jpg

先付。

DSC_924220170519.jpg

前菜は山菜盛り合わせ。

この前ぶつぶつ言ったためなのか、季節が過ぎたのか、行者ニンニクは出てきませんでした。

DSC_924720170519.jpg

お椀。

DSC_925120170608.jpg

とうとうみともずく。

河豚の皮は三層になっていて、

外側を鮫皮、

真ん中をとうとうみ、

内側を身皮と呼ぶそうです。

なぜとうとうみかって?

身皮(三河)の隣りだから遠江(とうとうみ)なのですって。

ちなみにまったく知りませんでした。

DSC_925320170519.jpg

お造りその1。

DSC_925420170519.jpg

DSC_925620170519.jpg

その2。

こっちのほうが好み(個人の感想です)。

DSC_925720170519.jpg

DSC_925820170519.jpg

焼き物。

河豚は火を通したほうがおいしいと思う。

白身なのに味に力があります。

お造りがおいしくないのではなく、相対的に。

DSC_926320170519.jpg

揚げ物。

感想は焼き物と同じだけど、こっちのほうがおいしいかな。

DSC_926720170519.jpg

鍋。

本日のいちばん。

とにかくおいしい。

繊細で深みがあり、強靭。

あやふやなところがまったくなく、どこまでもピントが合っています。

笹竹もホクホクカリっとしていて、とてもいいアクセントになっていました。

河豚のおいしさのすべてが凝縮されてる感じで、長く余韻が残ります。

DSC_927120170519.jpg

食事はシンプルに卵雑炊。

DSC_928320170519.jpg

最後はうぐいす餅。

DSC_928520170519.jpg

から揚げを食べた時点で、今日の河豚はこれで終わりかと思いましたが、とんでもない伏兵が隠れていました。

それにしても、骨とわずかな身だけから、あのようなおいしさが出るなんて、当たり前ですが河豚おそるべし。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10088-a399f1f4
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ