ちっちや食堂の謎

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/05/18(木)
岩手県二戸町。

盛岡から八戸へと向かう、道すがら、バイパスを外れなぜ旧道を走ったかと言えば・・・

DSC_883720170518.jpg

この本の舞台が二戸だったはず。

愛しの座敷わらし

小説の中では「二戸」という固有名詞は出てきませんが、こおの小説について詳しい人に尋ねると、

「モデルは二戸、ただし細かい設定は変えてある」

とのことでした。

座敷童がかわいいの。

51UeeE7vAkL__SX339_BO1,204,203,200_

街道を走っていて見つけたのが、ちっちや食堂。

2時前というのに、駐車場にはクルマが数台。

これは入店するしかありません。

でも「ちっちや」って何?

DSC_884420170518.jpg

店内の様子。

DSC_883920170518.jpg

厨房は広い。

注文をすませ、先生に「ちっちや食堂」のことを尋ねると、答えはすぐ出ました。

元々は牛乳屋さんで、牛乳のことを「ちっち」と言っていたから「ちっちや食堂」なんですって。

会津の牛乳屋食堂と一緒か。

DSC_883820170518.jpg

注文したのはとんかつ定食、1,200円。

とんかつばかりじゃなく、サラダも、ご飯も、とにかくすごいボリュームです。

DSC_884120170518.jpg

厨房がオープンなので、見ていましたが、キャベツを刻み、肉を肉叩きで伸ばし、レタスの水切りをし・・・

と、またたくまに料理が出来上がっていきます。

ここはいいお店だ。

DSC_884320170518.jpg

こんがりとしたキツネ色の衣をまとった肉は素直な肉質。

ボリュームがあるので、原始的な肉を食べる喜び、みたいなのも出てきます。

関川村のメイクさんを思い出しました。

来週あたり、村上に行こうかな。

DSC_884220170518.jpg

二戸、時間があればゆっくりと散策してみたい街です。南部美人もあるし。

この記事へのコメント
小鉢のフキみたいなのが箸休めにw

叩いて、その厚さなんでつか?
2017/05/19(金) 00:08 | URL | F65 #-[ 編集]
清潔で良さげな雰囲気がよく伝わってきます。
2017/05/19(金) 20:37 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10014-fc897596
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ