夕食は菜のはなで

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/05/17(水)
13日の夕食は新町のラーメン屋さん、ではなく(16時閉店だし)・・・

DSC_827320170513.jpg

菜のはなで。

しょっぱなから料理の写真です。

いそつぶとワラビ、若芽の酢味噌和え。

DSC_8277_120170513.jpg

山菜盛り合わせ。

名前を説明されたけど、忘れました。

DSC_8281_120170513.jpg

お椀。

DSC_8286_120170513.jpg

メバルの揚げ物とこごみ、笹竹。

これがおいしかった!

ストイックなこごみに揚げ物のコクが加わり、おいしさ三倍増。笹竹はほくほくして甘い。

惜しむらくは、山菜盛り合わせに入っていた行者ニンニクの風味が口の中に残っていて、

最初のひと口目の味がスポイルされたことかな。

まあ、私が神経質なだけなんですが。

DSC_828820170513.jpg

お造りは西海岸のホッケ、津軽海峡の鯛の昆布〆、同じく津軽海峡の水ダコ。

ホッケは活だったそうですが、身がもちもちしていて香りがあり、甘く、たいへんおいしかった。

本日の一番。

DSC_8293_120170513.jpg

焼き物はサクラマス。

上に乗っているのは実山椒と花山椒。

花山椒、香り高く口の中で余韻を残しながら消えていきます。

なんて上品。

花山椒は秋田産の由。

余談ですが、吉源の人たちは庭の山椒の木から花を摘み、花山椒鍋をやったそうな。うらやましい。

DSC_829920170513.jpg

トゲクリガニとシャコ。

今年の食べ納めかな。もちろんおいしい。

DSC_8301_120170513.jpg

食事はシラス雑炊。

蓋を取った写真がないのはまぬけですが、おいしかった。

DSC_8307.jpg

水菓子はうぐいす餅。

苺は甘さのためというより、酸味のために入れてあります。桜餅と同じ。

DSC_8308_120170513.jpg

12時間かけてたどり着いた菜のはなは、たいへんおいしかった。

ごちそうさまでした。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10011-1f8aa46a
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ