驚愕のおいしさ、越後姫

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/05/15(月)
吉源さんで出てきた水菓子。

そこには3粒の苺。

DSC_550320170418.jpg

この苺を食べて驚愕。

椅子に座っていたら、転がり落ちるところ(@友里征耶)。

香り高く、甘みと酸味のバランスが絶妙でとってもジューシー。

水っぽいのとは、まったく違います。保水力が高い感じ。

屏風山の木村さんのところのメロンみたい、って言えば、わかる人はわかるかな。

吉源の主人、吉田さんに聞くと、苺は越後姫だそう。

越後姫?それなら何度か食べているけど、この感動はなかった。

なぜ?どうして?どうしてなの?

と、吉田さんを問い詰めると、この苺は、今日の朝収穫したものを生産者に持ってきてもらい、

その中から一番大きいものを選んで出されたそうです。

ベーレンアウスレーゼ!違うか。

越後姫、おいしいけど足が速いので、今回はこんな手段を取った由。

ああ、佐藤錦と同じなんだ。

佐藤錦の生産農家が友だちなので、毎年、朝取りのやつを食べていますが、当日のはほんとうにおいしく、

次の日はああおいしい、その翌日は甘みも酸味も香りもうすい、普通のサクランボになります。

でも、たった3粒の苺のために、なに考えてるんだ、この人は(最大限の褒め言葉です)。

それにしても、足が速い欠点を承知しつつ、おいしさという観点に重点を置き、越後姫を育て上げた

新潟県はある意味すごいなあ。

DSC_550520170418.jpg

苺の栽培方法などは、この本にくわしく載っております。あと、面白いよ!

ストロベリーライフ

161005_1-thumb-250x369-10517.jpg

確認のため、その後市場で越後姫を買い求め、その場で食べてみましたが、ふつーの苺の味でした。

DSC_552120170418.jpg

この記事へのコメント
>佐藤錦

亡父が好きでした。
時間的には無理なのでしょうが、「朝取りのやつ」も食べさせてあげたかったなあ…


>ストロベリーライフ

近々書店に参りますw

2017/05/15(月) 21:37 | URL | nekosection9 #-[ 編集]
朝取りは、キュウリでも旨いはずw
冷やし中華の味が変わる感じw
2017/05/15(月) 22:46 | URL | F65 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:   
この記事のトラックバックURL
http://aomoritna.blog84.fc2.com/tb.php/10003-3b39b404
 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ