半径50キロの季節2015年08月

『菜のはな』の料理と青森の四季
2015/08/31(月)
だだちゃ豆を買いに、再び鶴岡へ行ってきました。

メルセデスは天栄村へドナドナされたので、



クルマはリッター4キロしか走らないBX。

出発は5時半。目的地であるJA鶴岡白山店に9時着が目標です。



ほとんどクルマの姿が見えない福島市内。

DSC_0057_convert_20150830225650.jpg

米沢市か川西町の郊外。見通しのよいカーブが続きます。

40年くらい前に読んでいたカーグラフィックの中で、当時の副編集長、大川悠さんの『細いミシュランは執拗に路面を捉え・・・』
(正確ではないかもしれませんが、このような意味)などの文章が思い出され、ひとりにんまりしつつ走ります。

そのときは初めて見る単語がいっぱいで、クルマを運転したこともない少年(少年時代もあったのですよ!)には
実感出来ないところがたくさんありましたが、半世紀近く経った今、そのすべてがわかります。

DSC_0061_convert_20150830225712.jpg

ちょっと寄り道。最上川に掛かる橋を渡り、

DSC_0062_convert_20150830225741.jpg

DSC_0063_convert_20150830225922.jpg

到着したのは朝日町の椹平の棚田。

DSC_0065_convert_20150830225802.jpg

お盆を過ぎ、急激に気温が下がり、最高気温は30℃を割る日が続いています。

DSC_0066_convert_20150830225828.jpg

DSC_0075_convert_20150830225856.jpg

DSC_0082_convert_20150830230004.jpg

夏休みが終わったのか、登校中とおぼしき小学生たち。

DSC_0086_convert_20150830230039.jpg

月山トンネル。

DSC_0088_convert_20150830230102.jpg

予定より早く鶴岡に着いてしまったので、東北一有名なレストランのアルケッチャーノへ。

DSC_0090_convert_20150830230147.jpg

イタリアンとフランフ車のツーショット。

DSC_0089_convert_20150830230124.jpg

だだちゃ豆の聖地、JA鶴岡産直館白山店へ到着は8時50分。

『聖地』とは自分が勝手に言っているだけですが、「だだちゃ豆」とは100年くらい前にここ、白山地区のひとりの女性が
改良を重ね作り出した品種が元になり、広がっていったもので、白山はシトロエンにおけるセーヌ川・ジャベル河岸のような
ものです。

DSC_0093_convert_20150830230232.jpg

スタートからほぼ200キロ、ほとんどっていうか、まったくストレスが溜まりません。

調子のいいときのハイドロシトロエンは最高のクルマのひとつと思いますが、問題は「調子のいい」ときがあまり無いことだな。

リッター4以上は走ったみたい、よかった。

DSC_0092_convert_20150830230209.jpg

LHMもエンジンオイルも漏れてはいないようです。よかったよかった。

DSC_0101_convert_20150830230301.jpg

けれど運転席のフロアマットには正体不明のネジが転がっていました。いったいどこのなんだろう・・・

DSC_0108_convert_20150830230710.jpg

オープン前だというのに、すでに人が並んでいます。

DSC_0102_convert_20150830230502.jpg

駐車場の片すみにはこのような直売所もあって、

DSC_0097_convert_20150830230326.jpg

大ぜいの人がいましたが、

DSC_0095_convert_20150830230353.jpg

せっかくなので、本家?で買うことにしました。

DSC_0100_convert_20150830230418.jpg

さてこちらがその本家。オープンと同時にたくさんの人が押し寄せます。

DSC_0103_convert_20150830230524.jpg

だだちゃ豆は生産者別に並んでいますが、人気のある人の豆はオープン直後に売り切れてしまいます。

豆にも種類があり「鶴岡だだちゃ豆生産者組織連絡協議会」という組織に認定されているのは8種類で、
今日買いに来たのはそのうちで一番味が良いとされる「白山だだちゃ」。
お盆過ぎから8月の終わりごろまでしか収穫時期がない品種です。

試食出来るので食べてみましたが、たしかに味は一品一品違います。けれどたくさんありすぎ、どんどん記憶が薄れて
行くので、適当なところで切り上げ、おいしいと思った豆を購入しました。

DSC_0104_convert_20150830230556.jpg

開店から1時間が過ぎてもこの人だかり。

DSC_0105_convert_20150830230616.jpg

人が多いように思えますが、豆の発送カウンターのおねえさんによると、お盆のときはこんなものではなかったそうで、
それに比べたら今日は空いているらしいです。

DSC_0106_convert_20150830230635.jpg

直売所近くの枝豆畑。

DSC_0111_convert_20150830230808.jpg

うっすらと鳥海山が見えます。そういや去年、この山の中腹でLHMがただ漏れになったときがあったっけ。

DSC_0109_convert_20150830230741.jpg

さてこれで今日の任務は完了。これからどうしようかな。


 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ