半径50キロの季節2014年10月

『菜のはな』の料理と青森の四季
2014/10/31(金)
くじら餅を買いに、八戸までやってきました(実際はリストランテ澤内の帰りに寄っただけ)。

ちぐさ菓子店えぼし本舗

お店は住宅街の中にあります。



店の外には「八戸太郎 鯨餅」との大きなポスターが貼ってありますが、「八戸太郎」というのが
わからなかったので、先生に聞くと・・・



八戸太郎いう八戸に伝わる民話のことで、こちら

鮫の鯨の【八戸太郎】

に詳しく載っていました。

さらに先生に聞いてみると、なんとアニメ、「まんが日本昔ばなし」にもなったとのことです。

まんが日本昔ばなし〜データベース〜鯨石





民話は良いとして、いまいちくじら餅との関係がはっきりしません。

とりあえず入店しますが、店員さんがいません。どうやら、奥で和菓子を作っておられるようです。



なので、勝手に店内の写真を撮ります。



新町のラーメン屋さんと、安方の喫茶店さんのぶん、2個欲しかったのですが、ひとつしかありませんでした、
残念。

お店のおじさんに、くじら餅と八戸太郎の関連の由来を聞くと、おじさんは鯵ヶ沢出身で、元々は自分が
食べたくなって作ったとのことでした。その際、くじら餅と八戸太郎の伝説をくっつけただけらしい。
まあ、そんなものか。



このくじら餅、鯵ヶ沢のと同じで、胡桃は入っていないタイプのものでした。



まんが日本昔ばなしの題名になった鯨石ですが、実際に八戸の西宮神社に、鯨石があるそうです。
(西宮神社がどこにあるか、知りませんが)BXで行ってみようかな。





 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ