半径50キロの季節2014年03月

『菜のはな』の料理と青森の四季
2014/03/31(月)
またもおっちゃんふたりでの、食事(昼食)です。

ただし今回はくたびれたおっちゃん(自分)と元気なおっちゃん(友人)と、前回とは違います。

訪れたのはとうてつ(十和田観光電鉄)の駅そばのお店。

鉄といっても鉄道はもうありません。ここのお店の脇に鉄道の駅があったのかも
自分にはわかりませんが、とうてつの駅そばの名は、十和田市に降りたときの無い自分も
知っていました。



立ち食いコーナー。

この他にテーブル席やカウンターなどがあり、かなりの人数が収容出来ます。
どこもピカピカに磨かれていて、新町のラーメン屋さんのよう。

券売機を撮るのを忘れてしまいましたが、最安値は生そば・うどんの260円、麺類の最高値が
えび天ぷらそば・うどんの430円。
この他におにぎり(150円)やカレーライス(410円)などもあり、最高値はチキンカツカレー、500円。



テーブルには一味とアジシオが。十和田ではゆで卵にアジシオをつけて食べるのがデフォとのこと。



注文したのは天ぷらわかめそば、360円。その名の通り天ぷらとわかめが乗っていますが
青のりがふりかけられていました。湯気とともに香りが立ちのぼってきます。

麺は標準よりほんの少し太いかな。そのせいでちょっと柔らかく感じますがこれも
旅人(自分)には好評価。
それとそんなにしょっぱくはありません。



訪れたのが3時半という遅い時間にもかかわらず、ぽつりぽつりとそばを食べに来る人がいて、
このお店が地元の人たちに愛されているのがわかります。
お店が長続きしますように。

せっかくここのお店中心のブログがあるのだから、もうちょっと更新すればいいのにと思いましたが、
ここに来るお客さんはスマホなんかあまり見ないんだろうなあ。

十和田観光電鉄のブログ

http://ameblo.jp/t-kaihatsu/

ちなみに毎月10日、20日、30日はわかめのトッピングがサービスになるそうなので、次回は
このサービスがあるときに十和田に行きたいです。


 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ