半径50キロの季節2013年09月

『菜のはな』の料理と青森の四季
2013/09/30(月)
やってきたE39。

まったく知らない神奈川の自動車屋から購入しました。
下の写真は中古車のサイトに載っていたときのものです。
この写真を見てメールにて問い合わせをし、次の日に購入しました。

購入を決めた訳は

1 ワンオーナーであること。
2 Mスポーツでないこと。
3 毎年ディーラーで12ヶ月点検を受けていること。
4 フルノーマルであること。
5 サンルーフ、皮シートが付いていないこと。
6 価格が安いこと。

の6つの理由からでした。

特に5、車両本体価格は景山民夫が別れた奥さんに毎月払っていた慰謝料と同じ金額です。
また、よけいな整備費用や意味不明の手数料が一切無かったのも購入する決め手のひとつになりました。



着色フィルムも貼ってありません。ホイールも純正がそのまま付いています。







購入の大きな決め手になったのがこの写真。ダッシュが非常にきれいで、何も付いていません。
何かを剥がした形跡もありません。



ドライバーズシートの座面は少し変形しています。



パッセンジャーシートはほとんど使用していなかったと思われ。




唯一の後付けはETC。これはあって良かった。
DVDナビは古くて使い物になりませんでした。



けっこう広いトランク。死体は入ります。



スペアタイヤの銘柄が何かは確認していません。当時の純正は何だったんでしょうか。



あわてて清掃した形跡の無いエンジンルーム。普通にきれい。



整備手帳には過去の整備記録がきちんと書き込まれています。
また、整備明細兼請求書もほとんどありました。9割方ディーラーで整備されていたようです。



このクルマが手元に来てから8.000キロ程走りましたが、フロントロワアームからと思われる
異音以外はノントラブルです。

メルセデスに比べると繊細な印象のE39、はたしてこのまま無事に走り続けられるのでしょうか?
それとも安物買いの銭失いになるのか?




 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ