FC2ブログ

八戸

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/11/07(火)
八戸に泊まったのは、ねこの写真を撮るためではありません。

DSC_099020171031.jpg

向かったのは花小路。

DSC_094020171031.jpg

目指すのは『いとをかし』。

DSC_093920171031.jpg

「ふぐ」の文字を見ると、ドキドキします。

DSC_094120171031.jpg

予約が取れないので有名らしいですが、この日はなんとか取れました。

玄関。

DSC_094220171031.jpg

店内に入り、まず圧倒されたのが、大きなセラー。

きちんと確認はしませんでしたが、ぱっと見、日本酒より、ワインのほうが多いみたい。

DSC_098520171031.jpg

この日もひとりなので、カウンターへ。

カウンターのうしろが、セラーになります。

DSC_098620171031.jpg

DSC_094620171031.jpg

店主の堀江 維寛(ほりえすみひろ)さん。

DSC_094720171031.jpg

前菜。

栗、むかご、海峡サーモン、〆鯖、火襷(ひだすき)の器の中は鱈の白子。

彩りがたいへん美しい。

DSC_094920171031.jpg

お椀。

DSC_095120171031.jpg

椀種は、鱧と松茸。

DSC_095320171031.jpg

保冷庫が見えます。

日本酒のリストを見せていただきましたがNO6、而今、鍋島などが並んでいました。

DSC_095420171031.jpg

お造りは、イシナギと大間の赤身。

いきなり大間が出てきてびっくりしましたが、さすがにおいしかった。

DSC_095820171031.jpg

毛蟹の握り。

このあと、大間の赤身の握りも登場しましたが、手渡しのため画像はありません。

DSC_096020171031.jpg

茶碗蒸し。

DSC_096320171031.jpg

プレーンな玉子だけの茶碗蒸しの上に、毛蟹と伊勢海老の味噌がたっぷりと乗っていて、

濃厚ですが、なめらかで食が進みます。

味噌は、ちょっとだけ、アメリカンソースぽかった。

DSC_096520171031.jpg

焼き物は秋刀魚。

身で舞茸をくるんであります。ソースは秋刀魚のワタ。

右にあるのは無花果の田楽。

DSC_096820171031.jpg

揚げ物はカキフライ。気仙沼の産。

自家製タルタルソースが添えてあります。

カキフライがおいしいのはあたりまえ?ええ、おいしかったですよ。

DSC_097220171031.jpg

鍋。

DSC_097520171031.jpg

浜名湖のスッポン。

初老の男性に精をつけさせてどうしようっていうのか。

DSC_097720171031.jpg

食事。

卵雑炊。

DSC_097920171031.jpg

最後は自家製プリン。

DSC_098220171031.jpg

スタッフのかたは「今日は忙しくありません」とおっしゃられていましたが、

店内は賑わっておりました。

内装は落ち着いていてモダン、お酒は種類が豊富、料理はうつわも含めて美しく、おいしい、となれば

流行らないわけがありません。

予約が取りにくいというのも、わかります。

『いとをかし』さん、とてもいいお店でした。





2017/11/02(木)
DSC_092420171031.jpg

DSC_092520171031.jpg

DSC_092920171031.jpg

DSC_093120171031.jpg

DSC_093320171031.jpg

DSC_093420171031.jpg

DSC_093620171031.jpg

DSC_093720171031.jpg

DSC_093820171031.jpg

DSC_098720171031.jpg

DSC_098820171031.jpg

みろく横丁。

26店舗もあり、どこも人が入っていました。

DSC_099520171031.jpg

DSC_099620171031.jpg

DSC_098920171031.jpg

DSC_099020171031.jpg

DSC_099220171031.jpg

DSC_099320171031.jpg

DSC_099420171031.jpg

DSC_099620171031.jpg

DSC_099720171031.jpg

DSC_099820171031.jpg

DSC_099920171031.jpg

太田和彦さん御推薦。

DSC_100020171031.jpg

DSC_100320171031.jpg

DSC_100520171031.jpg

DSC_100720171031.jpg

DSC_100820171031.jpg

ちはやふる。

DSC_100920171031.jpg

DSC_101120171031.jpg

2017/06/05(月)
きざん八戸で、おいしい料理を食べたあとは、夜の街の探検もせずホテルに帰ったので、

DSC_893520170518.jpg

次の日は5時起き。

とてもいい天気だったので、

DSC_900220170519.jpg

太平洋を目指しドライブ。

DSC_901020170519.jpg

もう1時間くらい早かったら、日の出が見れたかも。

気持ちのいい道ですが、せまく、また見通しがあまりよくないので、飛ばさないほうが無難です。

DSC_901120170519.jpg

DSC_901220170519.jpg

DSC_901320170519.jpg

目的地はここ、葦毛崎展望台。

DSC_902120170519.jpg

ラピュタな展望台として有名。

DSC_902420170519.jpg

DSC_901520170519.jpg

DSC_902220170519.jpg

久慈方面。

DSC_902720170519.jpg

八戸方面。

DSC_903220170519.jpg

正面は北海道、らしい。

DSC_902820170519.jpg

DSC_903320170519.jpg

DSC_903520170519.jpg

DSC_904120170519.jpg

DSC_904520170519.jpg

DSC_904620170519.jpg

DSC_906920170519.jpg

いつものように記念撮影。

DSC_907920170519.jpg

DSC_908420170519.jpg

目的を果たしたのでホテルに戻ります。

正面の山は八甲田。

DSC_909020170519.jpg

蕪島が見えてきました。

DSC_909420170519.jpg

DSC_909720170519.jpg

鳩田先生じゃありません。

DSC_910520170519.jpg

蕪島神社は再建中。

DSC_910920170519.jpg

DSC_911220170519.jpg

DSC_911520170519.jpg

「めしや」という名前の食堂。

DSC_911820170519.jpg

ホテル到着は6時45分。朝めし前です。



 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ