リストランテ喜右ェ門

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/04/24(月)
今日の昼食は、米沢市長手にあるリストランテ喜右ェ門さんで。

DSC_612320170424.jpg

BXは絶好調。

DSC_610320170424.jpg

店内の様子。

DSC_610520170424.jpg

メニュー。

朝、予約をするときに、シェフから

「お肉のランチ、一人前だけあります」

と言われたので、それにすることに。

セコンドランチというのがそれかな。

DSC_612020170424.jpg

前妻前菜盛り合わせ。

ソースはバルサミコとかぼちゃかな。

左上の青菜はモロヘイヤ。

DSC_611020170424.jpg

メイン。

米沢産豚の肩ロースのグリル。

肉は適度な弾力があって、噛むとおだやかに脂が染み出してきます。おいしい。

DSC_611220170424.jpg

お肉もおいしいけど、付け合わせのコシアブラが清涼感と少しの苦味があり、これまたおいしい。

DSC_611420170424.jpg

ドルチェ。

右のはドライトマトのアイス。

DSC_611620170424.jpg

最後はコーヒー。

DSC_611920170424.jpg

黒板に書いてある置賜地方の野菜たち。

シェフに

「セリはありますか」

と聞きましたが、

「ないと思う」

とのことでした。

DSC_612120170424.jpg

追加注文で「ガザエビのリングイネ」も頼めばよかったと、ちょっと後悔。

今度頼んでみようっと。

DSC_610620170424.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ