まろぎ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/12/19(火)
海老屋さんでおいしい昼ご飯を食べたあとは、

DSC_282420171208.jpg

当然?新潟市に泊まりました。

小雨が降るなか、寄り道をしながら、目的地へ。

DSC_291020171208.jpg

寄り道そのいち。

インターネットで見つけた『焼鳥とワインのお店 古田』さん。

https://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15014969/

雰囲気のあるお店です。

どこの鶏を使っているのかな。

今度行って聞いてみよう。

DSC_290920171208.jpg

寄り道そのに。

まろぎさんに教えていただいた『古門』さん。

http://common-niigata.com/index.php

なだ万出身の方がやられているそう。

DSC_285720171208.jpg

DSC_285920171208.jpg

DSC_286020171208.jpg

創業は弘化3年(1846年)の鍋茶屋さん。

DSC_286120171208.jpg

DSC_286220171208.jpg

目的地に到着しました。

DSC_286420171208.jpg

いつものまろぎさんです。

DSC_286620171208.jpg

DSC_286820171208.jpg

階段脇にはたくさんのカラスミが。

DSC_286920171208.jpg

すぐに料理から入ります。

ハマグリの黄身和え。

加布里産です。

やっぱり加布里はおいしいなあ。

DSC_287320171208.jpg

ウニと帆ホタテ真丈のお椀。

目の前でつくってくださったのでわかりましたが、塩水ウニを使用されておりました。浜中?

DSC_287820171208.jpg

白濁している出汁がめちゃおいしい。

濃厚かつ繊細。

DSC_287720171208.jpg

お造り。

上から時計回りに、甘エビ、フグ、アオリイカ、タラバエビ、アラ、真ん中が〆サバ。

DSC_287920171208.jpg

華やかでとてもきれい。

アラがとてもおいしかった。

10日ほど寝かせたそうですが、脂の乗り、味、ともに抜群。

DSC_288220171208.jpg

野鴨の炭火焼き。

DSC_288520171208.jpg

田んぼに来ている鴨を捕まえたそう(主人が捕獲したのではないと思う)。

味付けは塩のみですが、これでじゅうぶん。

細やかで滋味あふれる味。

今回のいちばん。

DSC_288620171208.jpg

鰆の炭火焼き。

塩麹に付け込んだものですが、鰆と炭火の相性は抜群。

DSC_288920171208.jpg

鴨と鰆は、この焼き台で焼かれました。

数百キロあるらしい。

DSC_289420171208.jpg

アワビのやわらか煮。

あたり前ですがおいしい。

DSC_289220171208.jpg

食事はアラの握り。

DSC_289620171208.jpg

時間があったので、部屋を見せていただきました。

写真では2人部屋から6人部屋となっていますが、ふすまで仕切られているので、

フレキシブルに対応できるそうです。

きれいなおねえさんと個室でしっぽり・・・というのが理想ですが、まだ実現できておりません(泣)

DSC_289820171208.jpg

DSC_290120171208.jpg

まろぎさんすぐ近くのラ・フロリダ。

行ったときはないけど、なんか気になる。

DSC_290020171208.jpg



DSC_290420171208.jpg

2017/05/06(土)
南魚沼で、Iさんの田んぼを見たあとは、高速に乗り、新潟市を目指しました。

DSC_5131201704171.jpg

グーグル先生の教え通りに進んで行くと、途中、変なところに案内されかけましたが、なんとか到着。

まあ、こんなことにならなかっただけ、よかった。

グーグルマップが招いた悲劇。グランド・キャニオンの中心でヘルプを叫ぶ(アメリカ)

DSC_515220170417.jpg

DSC_515420170417.jpg

まろぎさんに着いたのは6時過ぎ。

DSC_515920170417.jpg

今日は何が出てくるのかな。

DSC_516220170417.jpg

DSC_516320170417.jpg

DSC_516420170417.jpg

DSC_516520170417.jpg

信楽の鉢で登場したのは、貝と山菜盛り合わせ。

DSC_516720170417.jpg

お椀。

当然、お椀にはフタがありましたが、写真を撮り忘れました、ごめんなさい。

虎河豚の白子のすり流し。

濃厚、なのですが、どこか軽さもあります。おいしい。

まろぎさんの料理は、ここらの塩梅がいつも絶妙。

もう満足してしまいました。あとは、あれが出てくれば。

DSC_516920170417.jpg

お造りその1。

鰹、甲烏賊と雲丹、バイ貝。

DSC_517120170417.jpg

お造りその2は虎河豚。

食べかけの上にピンボケですみません。

DSC_517320170417.jpg

焼き物。

サクラマス。

先ほど書いた「あれ」とはサクラマスのことでした。

新潟の春はサクラマス。

あれば出てるのはわかっていたので、予約の際、何も言いませんでした。

DSC_517620170417.jpg

優しく炭火で焼かれたマスは、香りがよく、身の中に細かい空気が入ったようにふっくらとしていて、

噛むと、繊細で甘い脂がじわっと出てきます。

今までに食べたサクラマスのなかでいちばんおいしい。

炭火とマスはものすごく相性がいいと思う。

DSC_517520170417.jpg

焼き物の余韻が冷めぬうちに出てきたのはメヌケの煮物。

主人の澤口さんが、今朝、船に乗り釣ってこられたそうで、身がぷりぷり。

マスもおいしいけど、メヌケもおいしいよ。

DSC_517820170417.jpg

揚げ物。

白エビとふきのとうのかき揚げ。

熱を加えたふきのとうは香りが強くなり、エビと一緒に食べると、口の中が春になります。おいしいなあ。

DSC_517920170417.jpg

食事はサバと真鯛のお寿司。

DSC_518220170417.jpg

まろぎさんの焼き台。

次は鮎ですか。

DSC_518420170417.jpg


店を出ると、雨が降っていました。

春雨というより、暴風雨といったほうが似つかわしい雨の中、ホテルまでの道のりをゆっくりと歩きました。

アーケードがあるから、へっちゃらなのね。

満足!

DSC_518520170417.jpg

2017/02/09(木)
夜になり、古町界隈を散歩・・・と思いましたが、風がたいへん強く横殴りの雨も降っていて、

軟弱な私は路地の散策をあきらめ、アーケードをそそくさと目的地へと向かいます。

DSC_009820170201.jpg

到着したのは『新潟市 マンガの家』ではなく・・・

DSC_011320170201.jpg

すぐ近くのこちら。

DSC_011720170201.jpg

目的地は『和旬料理 まろぎ』さんです。

DSC_011020170201.jpg

階段をあがると、

DSC_012120170201.jpg

玄関があります。

毎回同じような写真ですが、仕方ありません。

DSC_012420170201.jpg

店内。

DSC_016220170201.jpg

前回は小魚ばかり食べている西のほうの友人が一緒でしたが、今日はひとり。

あとで写メを送ってくやしがらせてあげる予定。

DSC_015920170201.jpg

DSC_016120170201.jpg

まずはタラバエビの黄身和え。

DSC_012520170201.jpg

エビは地方で呼び名が違います。ボタンエビと同じかほぼ同じもの。

かなり濃厚ですが、いぶりがっこの食感がいいアクセントになっています。

DSC_012820170201.jpg

真鱈の白子。

DSC_013020170201.jpg

ほんのりとあたたかくほんのりと味が付いています。おいしい。

器は備前の片口。

DSC_012920170201.jpg

お椀。

DSC_013320170201.jpg

椀種は、新潟の海をうろうろしていたメジマグロ。

メジは火を入れるとぼそぼそとした食感になりやすいと思っていましたが、これは違いました。

よほど脂が乗っているのでしょう。

鮪のゆったりとした風味に満ち溢れています。

DSC_013520170201.jpg

お造り。

メジマグロ、お椀で感じた通り、繊細な脂がたくさん。甘みもありました。

他には烏賊、マトウダイ、南蛮海老、赤貝。マトウダイは少し〆て。

DSC_013620170201.jpg

赤貝は閖上産。香りが良かった、鼻に抜ける感じ。

DSC_014320170201.jpg

焼き物は虎河豚。これ、元のポーションはどれくらいの大きさだったのだろう。

右の器は海鼠。

河豚、筋肉質なんだけど、どこかふんわりしています。

柔と剛の塩梅がほどよい。そしてやさしい。炭の風味も加わり大変おいしい。

これはまろぎさんの料理すべてに共通するかも。

DSC_014820170201.jpg

河豚のうしろにはカラスミが隠れていました。

DSC_014920170201.jpg

ミル貝の酢の物。

貝好きにはたまりません。

DSC_015120170201.jpg

ズワイ蟹。

器が素敵。

主人が石川県まで出向き、買い求めた由。

身とミソを和えてありました。おいしいのは当たり前か。

DSC_015420170201.jpg


食事は〆鯖とマトウダイの握り。

DSC_015620170201.jpg

大満足でお店を出ると、外はいっそう風が強くなり、雨も雪となって散歩などはもってのほか。

前回は、小魚ばかり食べている友人と、きれいなおねーさんのいるお店に行きましたがホテルに直帰です。

実際、まろぎさんを訪れるため、新潟に来たのですから、これでいいのだ。

DSC_011120170201.jpg




2016/10/31(月)
前回の記事からものすごーく間が空いてしまいましたが、新潟2日目の夜に訪れたのは、古町のまろぎさんです。

DSC_026720161018.jpg

前日まろぎさんはお休み。

瀬戸内海の小魚ばかり食べている(個人の多大な偏見が入っています)

備前市は伊部在住の友人にここの料理を味わってもらいたくて、新潟市に連泊となったのでした。

DSC_027520161018.jpg

DSC_027020161018.jpg

まずは河豚煮凝り。

口の中で煮凝りが融け、河豚の味と香りがじんわりと広がっていきます。

DSC_027420161018.jpg

お酒は上田市の亀齢(きれい)。

女性杜氏の蔵だそうで、店主が女性大好きな友人に合わせてくださったのかは不明です。

DSC_026920161018.jpg

田酒の箱が見えますが、私がおみやげに持ってきたものです。念のため。

DSC_027620161018.jpg

お椀。

DSC_027720161018.jpg

鮭と松茸。

松茸の香りがたっぷりと。

そのあとに鮭の味がしっかり感じられます。2段階になっているのね。

鮭と松茸の組み合わせなんて考えてなかったけど、おいしい。

小魚ばかりで鮭を食べ付けない友だちもおいしいって言ってた。

DSC_028020161018.jpg

お造り。

上から時計回りに塩水雲丹、〆鯖、南蛮海老、烏賊(アオリだったかな)、本アラ。

本アラ、香りがあり独特の歯ごたえと味で、おいしい!と思いましたが友人にそれを伝えるときょとんとしています。

これだから小魚しか知らない田舎者は、などとは全然思わず、気の置けない友と会話をしながらの食事もまた楽しい。

DSC_028220161018.jpg

越乃白雁「越淡麗」 純米吟醸 無濾過生原酒

DSC_0283.jpg

焼き物。

甘鯛。

まずひと口。

炭の香りが来て次は皮のぱりっとした食感、そのあとに皮目の脂と魚の味が追いかけてきます。

身は少し水分が抜かれているようです。

うーん、おいしい。

まろぎさんの焼き物を食べるためだけに新潟に来る価値があると思います。

DSC_028520161018.jpg

煮物はなんと川俣シャモ。

川俣シャモ普及委員会会長(会員一名)として、新潟という異国の地でこの鶏に出会えるなんて。

味のわかるグルメな友人もおいしいと言ってくれました、うれしい。

川俣シャモ普及委員会会長として、友だちに川俣シャモの特徴を教えてあげました。

適度な歯ごたえがあり、煮込んでも固くならず、皮の脂が甘く、肉に味がしっかりと付いています。わかったかな。

うつわは信楽。備前よりいいかも。

DSC_028920161018.jpg

里芋揚げ饅頭餡かけ。

魚、肉、ときて芋ですが、おだやかな風味とねっとりとした食感が、老年に差し掛かっている私にはおいしく感じられます。

老年の友だちはどう思っているかはわかりません。おいしかったんじゃないかな。

DSC_029420161018.jpg

食事は〆鯖の棒寿司。

おねーちゃんのいるお店に行きたい友人がそわそわしだして、ゆっくり食べられなかった。

DSC_029820161018.jpg

ほろ酔いになった友人は大変満足して、おねーちゃんのいるお店へ一目散。

まあ私も一緒に行ったんですが。

DSC_029920161018.jpg

新潟はいいなあ。また行きたいなあ。



2016/06/03(金)
長岡でラーメンを食べて、隣町の見附市のこちらの建物で、

DSC_0986_convert_20160603191241.jpg

講演を聞いた後は、新潟市へ向かいました。

DSC_0993_convert_20160603191557.jpg

ホテルにチェックインし、AKB(赤城観光バス)のバスを横目で見ながら今夜の夕食先へと向かいます。

DSC_1001_convert_20160603191927.jpg

DSC_1002_convert_20160603173813.jpg

DSC_1004_convert_20160603180308.jpg

到着したのはいつものまろぎさん。

こちらに来るのは5回目くらい。

DSC_0002_convert_20160603173905.jpg

ここで夕食を食べるために新潟に泊まりました。

DSC_0001_convert_20160603175939.jpg

DSC_0003_convert_20160603174011.jpg

今日はどんな料理が出てくるのかな。

DSC_0004_convert_20160603174046.jpg

DSC_0006_convert_20160603174109.jpg

まずは煮蛸と夏野菜。

プチトマトは干してありました。セミドライって感じ。

DSC_0007_convert_20160603174142.jpg

お椀。

DSC_0011_convert_20160603174215.jpg

空豆のすり流し。

椀種は蛤、蕨、筍。

空豆の香りが、お椀のふたを開けるとふわっと立ち上がってきます。たいへんおいしい。

歳のせいか、野菜の風味、味がど真ん中のストライクになってきました。

DSC_0013_convert_20160603174246.jpg

お造り。

右上から時計回りにアラ、甲烏賊、南蛮海老、〆鯖、真ん中はバイ貝。

写真ではわかりにくいですが、食べたときその素材が最適な口当たりになるよう、海老以外はすべて包丁が入っています。

やり過ぎるとおかしくなってしまうと思うのですが、まろぎさんはその見極めがすばらしい。

DSC_0016_convert_20160603174316.jpg

炭の焼き台では何かが焼かれていました。

DSC_0017_convert_20160603174338.jpg

近ごろは長野のお酒をいくつか仕入れているらしい。

DSC_0018_convert_20160603174401.jpg

その何か。

ひと塩の甘鯛はふんわりやさしく火が通り、表面は香ばしい。焼き物は炭に限ります。

DSC_0020_convert_20160603174430.jpg

じゅんさいは秋田産。三種町あたりか。

DSC_0023_convert_20160603174455.jpg

ここでお造りでも出てきたアラの頭の酒蒸し登場。

これを見た人はくやしがってください。

お椀のとき、野菜が好きになったとか言っていましたが、すみません、こっちのほうがおいしいです。

お皿に残ったスープもたいへんおいしい。これで新町のラーメン屋さんの麺があれば完璧だった。

DSC_0026_convert_20160603174518.jpg

酒盗。

DSC_0027_convert_20160603174548.jpg

最後は握り。

アラと鱚。

DSC_0029_convert_20160603174616.jpg

新潟市にはたくさんの料亭や割烹、和食店がありますが、当分ほかのお店には行けそうもありません。

まろぎ、いいお店だと思います。

タイレル・コーポレーションの本社のようなビルの脇を歩き、おとなしくホテルへ帰りました。

DSC_0031_convert_20160603174643.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ