天ふじ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/06/08(木)
時系列がめちゃめちゃになっていますが、気にしないでください。

八戸から八甲田経由で青森市へ向かいます。

DSC_902120170519.jpg

DSC_917220170519.jpg

天ふじ到着は12時少し前。

大変暑い。

この日、青森市の気温は、30℃くらいまで上がったそう。

DSC_918520170519.jpg

各種ザルたちが出迎えてくださいました。

DSC_921420170519.jpg

玄関を入ると、

DSC_918820170519.jpg

みごとな藤の花が。

DSC_919720170519.jpg

お出迎えはこちらだったのね。

DSC_919920170519.jpg

ネコの石碑ではありません。

DSC_920020170519.jpg

DSC_919120170519.jpg

DSC_919220170519.jpg

DSC_919420170519.jpg

鮪。

前にも書いたような気がするけど、脂の多い鮪は、シャリと合わせたほうがおいしいと思う。

もちろん、シャリがおいしいのが大前提ですが。

ほんと、天ふじさんのシャリはおいしいの。

DSC_920120170519.jpg

鮃昆布〆。

塩とレモンが振りかけてあるので、そのまま。

DSC_920320170519.jpg

北寄貝。

DSC_920620170519.jpg

ボタンエビ。

DSC_920820170519.jpg

赤貝もシャリと合わせたほうがおいしいかと。

DSC_921020170519.jpg

雲丹。

DSC_921120170519.jpg

最後は穴子。

煮立てなので、炙らなかったそうです。

もちろんおいしかった。

DSC_921220170519.jpg

ごちそうさまでした。

次に行けるとしたら、20日過ぎあたり?
2017/05/25(木)
DSC_281420170318.jpg

DSC_097120170213.jpg

DSC_080820160914.jpg

DSC_025420161112.jpg

DSC_0945_convert_20160505101117.jpg

DSC_0386_convert_20160612172946.jpg

DSC_0349_convert_20160329193508.jpg

DSC_0239_convert_20160119181643.jpg

おまけで玉子。

DSC_081020160914.jpg

2017/05/25(木)
青森のセレブ職人から、写真が送られてきました。

穴子です。

宮城は表浜産とのこと。

20170525105835.jpg

調理の過程の写真もあります。

実においしそうです。

つまみ食い出来ていいなあ

20170525123211.jpg

私は穴子が大好きで、米沢の可奈免さんでうな重を食べるまでは、うなぎより穴子の方がおいしいと思っていました。

今は、どちらもおいしい、に変わっています。

おいしい穴子丼が食べたいなあ。

石巻まで食べに行こうかしら。

それとも長島の焼き鳥屋さんで、食べれられるのかな。

20170525124023.jpg

なお、穴子を煮たザルはこれら。

DSC_900520170519.jpg
2017/05/22(月)
本日、青森市某店に入荷した、北海道産トキシラズ。

5,8キロですって。

まさにサカナ界のセレブと言えるでしょう。

食べたい!

20170522091545.jpg
2017/04/18(火)
青森市某所の某店(特に名を秘す)に入荷したのは、北海道は知床羅臼産の紅神メヌケ。

まさに魚界のセレブといえるでしょう。

20170418092851.jpg


霜降りにして出すらしい。

ああ食べたい。

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ