川俣シャモ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/07/11(水)
今日の昼食は、川俣町の松よしさんで。

松よしさんのランチメニュー。

丼物。

DSC_380320180711.jpg

めん類。

全品制覇が目標。

DSC_380220180711.jpg

チータンハン!!

DSC_380120180711.jpg

夜メニューの一部(だと思う)。

鮎は刺身もあるんだ・・・

DSC_379920180711.jpg

注文したのは、シャモ親子丼、750円。

DSC_380520180711.jpg

ちゃんと川俣シャモの味がします。

おいしい。

願わくば、1100円くらいでいいから、親子丼の上を出していただきたい。

DSC_380620180711.jpg

帰り道、道の駅川俣に立ち寄ると、地鶏の卵を売っていました。

ひとつ30円。

この卵と川俣シャモを使って、親子丼をつくってみよう。

DSC_381020180711.jpg

お祭りの告知もありました。

DSC_380820180711.jpg
2018/06/15(金)
ここ1週間くらいで食べたものです。

まずは松川町のあんかつさん。

醤油ラーメン、750円は川俣シャモ、会津地鶏、伊達鶏のスープ。

チャーシューは煮豚と低温調理の2種。

DSC_211720180615.jpg

福島市の地鶏中華そば さやまさん。

地鶏ワンタンそば、880円。

川俣シャモと采彩鶏、采彩鶏の丸鶏のスープ。

ちなみに采彩鶏は岩手の地養鶏。

チャーシューは低温調理の豚ロース。

かなり薄いので、スープの熱で加熱され、ただの豚になってしまう。

DSC_215920180615.jpg

川俣町の味処 みらいさんの川俣シャモラーメン、850円。

チャーシューは川俣シャモの胸肉。

DSC_213220180615.jpg

同じく、川俣町の松よしさん。

シャモつけ麺は650円。

DSC_214520180615.jpg

おまけは福島市の優味麺亭 優味麺亭 鸐(やまどり)さん。

ふわとろワンタンメン、880円。

会津坂下の鶏を使用。

DSC_212720180615.jpg

県内の川俣シャモを使った料理は、すべて制覇したいけど、完了はいつになることやら。
2018/05/31(木)
先日、西方から実山椒が送られてきました、ありがとうございます。

DSC_146120180526.jpg

丹波篠山の最高級品。

DSC_146520180526.jpg

今日の夕食は、川俣シャモの手羽先の実山椒煮。

DSC_178420180531.jpg

軽く手羽先を炒め、あとは圧力鍋に手羽先、水、酒、少しの醤油、実山椒をいれ火にかけるだけ。

おいしいけど、煮過ぎ(7分)たため、皮の脂が抜けてしまいました。

そのぶん煮凝りがおいしくなりました。

DSC_178520180531.jpg

この料理、続きます。

2018/05/26(土)
毎週土曜日は、川俣の道の駅に、キッチンカーが登場するというので、行ってきました。

DSC_143820180526.jpg

DSC_144120180526.jpg

サイドのパネルを開くと、こんなイラストが。

DSC_144220180526.jpg

DSC_144320180526.jpg

川俣シャモの焼き鳥は、一本280円。

ボリュームがあって、おいしい。

DSC_144520180526.jpg
2018/05/20(日)
昨日の遅い昼食は、東北自動車道上り線、国見SA内のレストラン峠で、

DSC_094820180519.jpg

川俣シャモ丼セット。

右のはうーめん。

うーめんでござる!

DSC_093920180519.jpg

味付けはともかく、肉がごろごろ入っていて、シャモの味がしておいしい。

DSC_094220180519.jpg

レストランは、見晴らしのよい場所に位置しています。

DSC_094320180519.jpg

ここらへんを、うり吉たちは旅していました。

DSC_094420180519.jpg

駐車場に停まっていたピックアップ。

DSC_094720180519.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ