オーディオ

『菜のはな』の料理と青森の四季
2015/02/02(月)
やっと、欲望に打ち勝ちました。

といってもクルマ関係では無く、七々子塗り(津軽塗の一種)の品に対してですが。

オークションにスピーカーBOXが出品されていました。なんと七々子塗りです。それも開始価格が1000円!

スピーカーBOXは扱いが家具となるので、本体価格は安くとも送料が高額になってしまいますが、質問すると
場所は弘前で、手渡しも可能とのこと。

これ、いいかも、です。



画像ではよく見えませんが、七々子塗りはとても上品できれいで、まるで青森の女性のよう??



こんな感じです。



七々子塗りのケーキもあります。味は普通。



そんなBOXですが、テクニクスの20cmのフルレンジとスピーカーが付いていました。

このテクニクスのユニットはJBLのLE-8Tとカッコはほとんど同じです。音はまったく違いますが。



なのでBOXを落札したらLE-8Tに入れ替え、



(これは初期物)



ツイーターは同じJBLの075にしたらいいかな、なんて思っていました。





けれど記憶をたどると、BOXに入れたLE-8Tがいい音で鳴った記憶がありません(個人の感想です。
あと真空管アンプでの場合です)。

新町のラーメン屋さんの店内テレビの脇に置き、モニタースピーカーとすればいいかと思いましたが、
音が良くなくては店主に叱られてしまいます。

新しくないフルレンジは平面バッフルで鳴らしたほうが、素直にユニットの性質を引き出せると思う。



なので、入札はじっと我慢し、無事終了時間を迎えることが出来ました。めでたしめでたし。

ただ、今も2点入札中なんだよなあ・・・

2014/01/06(月)
Heathkit AA-21 ゲルマニュームTrプリメインアンプ

ヤフオクで発見しました。

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h184171721?al=12

Heathkit(ヒースキット)はアメリカの会社で、オーディオ製品やテレビ、パソコンなどのキットを
販売していました。
自分は知識としては知っていましたが、具体的な製品まではわからず、ヤフオクでこのアンプを見るまで、
気にも留めていませんでした。

トランジスタ初期のものらしく、アウトプットにはトランスが使われているので、音は真空管アンプに
近いかもしれません。

これは60年代の製品とのことですが、デザインが素晴らしい。



ウッドケース(ベークライト?)の茶に合わせてフロントパネルとつまみの一部が同色になっています。

つまみの後部のプラスチックの半透明のアンバーも素敵ですし、パネルのロゴもこれに

サンダーバード
(フォード サンダーバード)

とても似ています。



パネル上部には電球が仕込まれていて、あやしく光ます。



組み合わせるスピーカーはこんなのはいかがでしょうか。

RCA 8インチ 20㎝ 用 エンクロージャー MI-6280

こちらもヤフオクで。

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g134566513

これは箱だけですので適当な20センチのユニットを入れて頂ければ、甘く明るい音楽が流れてくると思います。



こんな音源がぴったり。



新町のラーメン屋さんが、店内のBGM用として導入しないかな、しないだろうな。



 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ