村上

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/06/27(火)
昨日の昼食は、村上市の千渡里(ちどり)さんで。

吉源さんから徒歩で数分のところに位置します。

DSC_257620170626.jpg

DSC_256320170626.jpg

DSC_256420170626.jpg

DSC_256520170626.jpg

DSC_257420170626.jpg

いつも圧倒される、お品書きの数々。

DSC_256720170626.jpg

こちらのお店は、今兵庫県知事選挙に出られているお方のメルマガで知りました。

もう何年前になるのかな。

それはそうと、あのお方は当選するのでしょうか。

DSC_256920170626.jpg

岩ガキがあったので、

「山北町産ですか?」

と尋ねると、能登産ですって。

DSC_256820170626.jpg

厨房には4人。

お客さんも次々と入店し、たいへん活気があります。

保冷庫には洗心もありましたよ。

DSC_257020170626.jpg

メニューも見ずに注文したのは刺し身定食、税抜き1700円。

DSC_257120170626.jpg

村上での食事は、吉源さんでなければメイクさん(関川村ですが)一択、でもこの日はサカナが食べたい気分だったのでした。

お刺身は新鮮で満足。

DSC_257220170626.jpg

2017/05/31(水)
いい天気。

DSC_005920170529.jpg

村上に向けて出発は6時。

DSC_006020170529.jpg

米沢市内。

DSC_006620170529.jpg

川西町の本屋さん。

DSC_007020170529.jpg

小国に近づくと、雲が出てきました。

DSC_007120170529.jpg

小国町は曇り空。

村上も曇りだったらいやだな。

DSC_007220170529.jpg

関川村は晴天でした。

DSC_007620170529.jpg

関川村の田んぼ。岩船米の産地です。

DSC_008120170529.jpg

DSC_008220170529.jpg

ちぐら館でひと休み。

DSC_008420170529.jpg

村上市内の田んぼ。

DSC_009120170529.jpg

村上市内。

DSC_009220170529.jpg

笹川流れへ向かいます。

DSC_010620170529.jpg

瀬波温泉。

DSC_010320170529.jpg

胎内市沖の石油プラットフォーム。

DSC_010020170529.jpg

粟島。

DSC_009520170529.jpg

DSC_010720170529.jpg

DSC_011120170529.jpg

DSC_011220170529.jpg

DSC_011420170529.jpg

内浦の港が見えます。

いちばん高いビルは粟島汽船のターミナル。

DSC_011520170529.jpg

笹川流れの遊覧船乗り場に到着。

平日の午前中なので空いていると思いきや、駐車場は観光バスがたくさんいて混雑していました。

DSC_011620170529.jpg

遊覧船に乗るのはすぐさまあきらめました。

DSC_012020170529.jpg

DSC_012120170529.jpg

BGMは佐野元春。

DSC_012520170529.jpg

粟島と記念撮影。

DSC_013120170529.jpg

DSC_013320170529.jpg

DSC_013520170529.jpg

うっすらと見える島は佐渡。

DSC_013720170529.jpg

村上市内に戻りました。

DSC_014020170529.jpg

本日の目的地、吉源さんに到着。

DSC_014220170529.jpg

ここまでの走行距離は182.1キロ。

DSC_014120170529.jpg

浄念寺。

DSC_015520170529.jpg

お休みなのに、お店を開けてくださいました、ありがとうございます。

DSC_015820170529.jpg

吉源さんを訪れたのは、苺をもらうため。

DSC_016020170529.jpg

今シーズン最後の越後姫だそうです。

DSC_016120170529.jpg

その後は関川村のメイクさんで遅い昼食を取り、

DSC_019120170529.jpg

DSC_017720170529.jpg

休憩しながら福島へ。

下の写真は米沢の羊肉店。今度行ってみよう。

DSC_019720170529.jpg

福島着は17時半。

メルセデスの車内は、苺の香りに包まれていました。

DSC_019820170529.jpg

2017/05/30(火)
昨日の昼食は、関川村の、

DSC_007820170529.jpg

メイクさんで。

DSC_019120170529.jpg


1階が肉屋なので、階段を上がり、2階へ。

DSC_016220170529.jpg


店内の様子。

DSC_016920170529.jpg

小上がりもあります。

DSC_017020170529.jpg


窓際のテーブル席に座りました。

茅葺きの家が見えます。

DSC_017420170529.jpg

メニュー。

DSC_016420170529.jpg

DSC_016520170529.jpg

こちらはセレブメニュー。

セレブな方におかれましては、村上牛テンダーロイン2枚食いなどいかがでしょうか。

DSC_016320170529.jpg

DSC_016620170529.jpg

DSC_016820170529.jpg

DSC_016720170529.jpg

調味料類。

DSC_017620170529.jpg

注文したのは、越後もち豚ロースステーキ定食、税込み1,490円。

DSC_017720170529.jpg

村上(ここは関川村ですが)まで来て肉っていうのもあれですが、村上には唯一無二の吉源さんがあり、

知らないところで魚料理を食べるよりも、メイクさんで食べたほうが私的には幸せ。

ソースは和風デミグラス。見た目よりあっさりとしています。

DSC_017820170529.jpg

セレブ職人をくやしがらせるため肉の厚さをわかってほしく、断面をパチリ。

やわらかくて、うまい。

DSC_018720170529.jpg

たっぷりのサラダ、

DSC_017920170529.jpg

小鉢(葉山葵)、

DSC_018220170529.jpg

おしんこ、

DSC_018120170529.jpg

お味噌汁と、
DSC_018520170529.jpg

デザート付き。

パイナップル。

DSC_018020170529.jpg

味とボリュームを考えると、私にとって1,490円はしごくまっとうに思えます。

欠点もあり、少し時間が経つと猛烈な睡魔に襲われます。

今回も、帰り道日陰を見つけてシートを倒し仮眠しましたが、ほんとうは瀬波へ行き、温泉に入り、

休憩所で横になりたかった。

DSC_018820170529.jpg

メイクさんの前に立ち、小国方面。

重文の渡邊邸が見えます。

DSC_019020170529.jpg

村上方面。

DSC_019320170529.jpg

レストランの窓から見えた家。

DSC_019220170529.jpg

DSC_019420170529.jpg

ふつーに人が住んでるっぽい。

この部分だけ、雨どい付きです。

DSC_019520170529.jpg

1階は肉屋のほかに、野菜や缶詰、調味料なども売っていて、平日の昼下がり、年配のお客さんでにぎわっていて、

倉敷でいえば、美観地区の中心にあるようなお店ですが、地元の人々に愛されているメイクさんでした。

DSC_019120170529.jpg

2017/05/08(月)
朝から2時間も散歩したあとは、村上市へと向かいます。

ここは新潟市水族館、マリンピア日本海の近く。

村上方面。

DSC_538520170418.jpg

急に青空が広がりました。

DSC_538620170418.jpg

DSC_538720170418.jpg

上越方面。

DSC_538820170418.jpg

天気晴朗なれども波高し。

DSC_538920170418.jpg

ここら辺に佐渡があるはずですが、まったく見えません。

DSC_539020170418.jpg

記念撮影。

DSC_539320170418.jpg

また曇り空。

DSC_539520170418.jpg

曇ったり、少しだけ青空が見えたり、はっきりしません。

地図上では海岸線を走っていることになっていますが、防風林のおかげで、海はほとんど見えません。

DSC_539620170418.jpg

いつもの撮影ポイント(たぶん胎内市)で。

新潟市方面。

DSC_540020170418.jpg

DSC_540120170418.jpg

これを見ると、いつもスティーヴン・セガールを思い出してしまう。

DSC_540220170418.jpg

粟島は見えません。

DSC_540320170418.jpg

瀬波温泉。

DSC_540520170418.jpg

粟島汽船フェリー乗り場。

DSC_541420170418.jpg

またもや記念撮影。

DSC_541720170418.jpg

DSC_541820170418.jpg

相変わらず海は荒れています。

DSC_541920170418.jpg

目的地に到着しました。

DSC_542520170418.jpg

2017/02/10(金)
「野田知佑」で検索を掛けていたら、引っ掛かったのがこの本。

『鮭の一生』

野田さんの本は全部持ってると思っていたけど、まったく知りませんでした。

IMG20170210.jpg

で、もっと驚いたのが、野田さん、村上の三面川をカヌーで下っていたってこと。

IMG_000120170210.jpg

もっともっと驚いたのが、野田さん、村上で塩引きを作ってたってこと。

IMG_000420170210.jpg

長生きはするものだと、切に思いました。


 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ