村上

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/10/07(土)
くもり空の下、7時スタート。

クルマはBX。

天気予報ではくもりのち雨、だったので、R2で行くことを考えましたが、

R2では「お使い」という感じになってしまいますが。

BXだと、それが「冒険」に早変わり。

もちろん、「無事に帰ってこれるかのドキドキ感」ってのも含まれます。

DSC_971520171006.jpg

たねやさんに到着。

松茸を見るために寄りましたが、1本もありません。

DSC_971720171006.jpg

たねやさんの田んぼの前で記念写真。

DSC_972020171006.jpg

村上目指して113号線を走ります。

DSC_972220171006.jpg

道の駅 白い森おぐにに到着。

DSC_972420171006.jpg

初めて見たバターナッツ。

何度も見ているのかもしれませんが、意識の中に入ってきませんでした。

コリンキーの親戚か。

DSC_972320171006.jpg

関川村に到着。

DSC_972720171006.jpg

日本海にそそぐ荒川。

DSC_973020171006.jpg

稲刈りは8割方完了。

DSC_973120171006.jpg

DSC_973320171006.jpg

ちぐら館でひと休み。

DSC_973720171006.jpg

DSC_973820171006.jpg

新米。

DSC_973920171006.jpg

目的地、村上の吉源さんに到着しました。

DSC_974020171006.jpg

向かいのお寺のイチョウの木は、まだ青々としています。

DSC_976420171006.jpg

記念写真。

DSC_974220171006.jpg

吉源さんを訪れた目的は、新米を分けてもらうため。

ついでに昼食も・・・と思いましたが、

「川煮をお出しできるころにおいでください」

と、ぴしゃり。変わったお店だ。

DSC_976720171006.jpg

重要文化財が向かいにあるのは、メイクさんと同じ。

DSC_976620171006.jpg

明日(今日になってしまいましたが)、落語家さんの独演会があるらしい。

ハードボイルド作家の講演会も、やればいいのに。「鮭と私」とか。

DSC_976820171006.jpg

ホールにあった戦後まもなくのころの村上市の写真。

撮影されたのは、新潟市の料亭、日本料理 行形亭(いきなりや)の先先代のご主人。

吉源さんの先代の主人と行形亭さんの先先代は、ともに築地の新喜楽で修行された兄弟弟子なんですって。

講演会のお題は、「直木賞と私」でもいいかな。

DSC_974520171006.jpg

独演会の会場。

DSC_974920171006.jpg

打ち上げをする広間。

DSC_975020171006.jpg

岩船産コシヒカリをクルマに積み、任務完了。

DSC_980920171006.jpg

昼食は、前から気になっていた、吉源さん近くの『るりはり』さんでと思いましたが・・・

DSC_975620171006.jpg

なんと予約で満席。

DSC_975720171006.jpg

店内にはインコがおられました。

関係ないけど、インコを飼っている殺し屋が主人公のマンガ、面白いです。

DSC_975820171006.jpg

昼食、第二希望のかつ春さんの営業は12時から。

これはメイクさんで食べろという、神様の思し召しなんだな。

DSC_976520171006.jpg

吉源さんの通りには、ほかにもたくさんのお店があります。

DSC_976220171006.jpg

DSC_976020171006.jpg

DSC_975120171006.jpg

DSC_975220171006.jpg

DSC_975420171006.jpg

ちょっと離れた通りには、

DSC_976920171006.jpg

神社があったりもします。

DSC_977120171006.jpg

その後はネコの写真を撮り、

DSC_977620171006.jpg

メイクさんでお昼ご飯を食べ、無事に帰ることができました。

DSC_979720171006.jpg

約300kロの旅は終わり。

DSC_980820171006.jpg



2017/10/06(金)
今日の昼食は、関川村の

DSC_980620171006.jpg

メイクさんで。

DSC_980720171006.jpg

DSC_978620171006.jpg

階段を上ると豚肉のポスター。

肉好きの心がわかっております。

DSC_978720171006.jpg

メニュー。

肉好きの人なら1時間くらい眺めていても飽きないと思う。

DSC_978820171006.jpg

こちらはセレブ肉好きな方向け。

DSC_978920171006.jpg

正面奥は広間になっていて、30人くらいなら入れるらしい。

DSC_979320171006.jpg

窓の外には重要文化財が。

部屋から重文が見えるお店はおいしいのか。

DSC_979220171006.jpg

越後もち豚ロースカツ定食。

DSC_979720171006.jpg

肉好きな方へのサービスカット。

DSC_979820171006.jpg

DSC_980020171006.jpg

DSC_980120171006.jpg

DSC_980320171006.jpg

DSC_980220171006.jpg

最後にもういちど、肉好きな方へのサービスカット。

DSC_980420171006.jpg
2017/06/27(火)
昨日の昼食は、村上市の千渡里(ちどり)さんで。

吉源さんから徒歩で数分のところに位置します。

DSC_257620170626.jpg

DSC_256320170626.jpg

DSC_256420170626.jpg

DSC_256520170626.jpg

DSC_257420170626.jpg

いつも圧倒される、お品書きの数々。

DSC_256720170626.jpg

こちらのお店は、今兵庫県知事選挙に出られているお方のメルマガで知りました。

もう何年前になるのかな。

それはそうと、あのお方は当選するのでしょうか。

DSC_256920170626.jpg

岩ガキがあったので、

「山北町産ですか?」

と尋ねると、能登産ですって。

DSC_256820170626.jpg

厨房には4人。

お客さんも次々と入店し、たいへん活気があります。

保冷庫には洗心もありましたよ。

DSC_257020170626.jpg

メニューも見ずに注文したのは刺し身定食、税抜き1700円。

DSC_257120170626.jpg

村上での食事は、吉源さんでなければメイクさん(関川村ですが)一択、でもこの日はサカナが食べたい気分だったのでした。

お刺身は新鮮で満足。

DSC_257220170626.jpg

2017/05/31(水)
いい天気。

DSC_005920170529.jpg

村上に向けて出発は6時。

DSC_006020170529.jpg

米沢市内。

DSC_006620170529.jpg

川西町の本屋さん。

DSC_007020170529.jpg

小国に近づくと、雲が出てきました。

DSC_007120170529.jpg

小国町は曇り空。

村上も曇りだったらいやだな。

DSC_007220170529.jpg

関川村は晴天でした。

DSC_007620170529.jpg

関川村の田んぼ。岩船米の産地です。

DSC_008120170529.jpg

DSC_008220170529.jpg

ちぐら館でひと休み。

DSC_008420170529.jpg

村上市内の田んぼ。

DSC_009120170529.jpg

村上市内。

DSC_009220170529.jpg

笹川流れへ向かいます。

DSC_010620170529.jpg

瀬波温泉。

DSC_010320170529.jpg

胎内市沖の石油プラットフォーム。

DSC_010020170529.jpg

粟島。

DSC_009520170529.jpg

DSC_010720170529.jpg

DSC_011120170529.jpg

DSC_011220170529.jpg

DSC_011420170529.jpg

内浦の港が見えます。

いちばん高いビルは粟島汽船のターミナル。

DSC_011520170529.jpg

笹川流れの遊覧船乗り場に到着。

平日の午前中なので空いていると思いきや、駐車場は観光バスがたくさんいて混雑していました。

DSC_011620170529.jpg

遊覧船に乗るのはすぐさまあきらめました。

DSC_012020170529.jpg

DSC_012120170529.jpg

BGMは佐野元春。

DSC_012520170529.jpg

粟島と記念撮影。

DSC_013120170529.jpg

DSC_013320170529.jpg

DSC_013520170529.jpg

うっすらと見える島は佐渡。

DSC_013720170529.jpg

村上市内に戻りました。

DSC_014020170529.jpg

本日の目的地、吉源さんに到着。

DSC_014220170529.jpg

ここまでの走行距離は182.1キロ。

DSC_014120170529.jpg

浄念寺。

DSC_015520170529.jpg

お休みなのに、お店を開けてくださいました、ありがとうございます。

DSC_015820170529.jpg

吉源さんを訪れたのは、苺をもらうため。

DSC_016020170529.jpg

今シーズン最後の越後姫だそうです。

DSC_016120170529.jpg

その後は関川村のメイクさんで遅い昼食を取り、

DSC_019120170529.jpg

DSC_017720170529.jpg

休憩しながら福島へ。

下の写真は米沢の羊肉店。今度行ってみよう。

DSC_019720170529.jpg

福島着は17時半。

メルセデスの車内は、苺の香りに包まれていました。

DSC_019820170529.jpg

2017/05/30(火)
昨日の昼食は、関川村の、

DSC_007820170529.jpg

メイクさんで。

DSC_019120170529.jpg


1階が肉屋なので、階段を上がり、2階へ。

DSC_016220170529.jpg


店内の様子。

DSC_016920170529.jpg

小上がりもあります。

DSC_017020170529.jpg


窓際のテーブル席に座りました。

茅葺きの家が見えます。

DSC_017420170529.jpg

メニュー。

DSC_016420170529.jpg

DSC_016520170529.jpg

こちらはセレブメニュー。

セレブな方におかれましては、村上牛テンダーロイン2枚食いなどいかがでしょうか。

DSC_016320170529.jpg

DSC_016620170529.jpg

DSC_016820170529.jpg

DSC_016720170529.jpg

調味料類。

DSC_017620170529.jpg

注文したのは、越後もち豚ロースステーキ定食、税込み1,490円。

DSC_017720170529.jpg

村上(ここは関川村ですが)まで来て肉っていうのもあれですが、村上には唯一無二の吉源さんがあり、

知らないところで魚料理を食べるよりも、メイクさんで食べたほうが私的には幸せ。

ソースは和風デミグラス。見た目よりあっさりとしています。

DSC_017820170529.jpg

セレブ職人をくやしがらせるため肉の厚さをわかってほしく、断面をパチリ。

やわらかくて、うまい。

DSC_018720170529.jpg

たっぷりのサラダ、

DSC_017920170529.jpg

小鉢(葉山葵)、

DSC_018220170529.jpg

おしんこ、

DSC_018120170529.jpg

お味噌汁と、
DSC_018520170529.jpg

デザート付き。

パイナップル。

DSC_018020170529.jpg

味とボリュームを考えると、私にとって1,490円はしごくまっとうに思えます。

欠点もあり、少し時間が経つと猛烈な睡魔に襲われます。

今回も、帰り道日陰を見つけてシートを倒し仮眠しましたが、ほんとうは瀬波へ行き、温泉に入り、

休憩所で横になりたかった。

DSC_018820170529.jpg

メイクさんの前に立ち、小国方面。

重文の渡邊邸が見えます。

DSC_019020170529.jpg

村上方面。

DSC_019320170529.jpg

レストランの窓から見えた家。

DSC_019220170529.jpg

DSC_019420170529.jpg

ふつーに人が住んでるっぽい。

この部分だけ、雨どい付きです。

DSC_019520170529.jpg

1階は肉屋のほかに、野菜や缶詰、調味料なども売っていて、平日の昼下がり、年配のお客さんでにぎわっていて、

倉敷でいえば、美観地区の中心にあるようなお店ですが、地元の人々に愛されているメイクさんでした。

DSC_019120170529.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ