瀬戸内

『菜のはな』の料理と青森の四季
2013/03/05(火)
青森は日本屈指の魚介のおいしい県だと思います。

けれど365日、すべてがそうだとは限らず、また海が時化たときなどは市場にもサカナは
少なくなる傾向にあります。

ニッポンは広く、まだまだおいしいサカナたちが存在するに違いありません。
また、それらのサカナを知れば、かえって青森のサカナのおいしさを自覚出来るとも思います。

という訳で『瀬戸内のサカナ』シリーズ第一弾はワタリガニです
(本当の最初は真鯛でしたが)。


(瀬戸内海国立公園内、大久野島)

なぜ瀬戸内か、それはただ、釣り物で活〆のサカナを航空便で送ってくれる人が見つかったからで、
あまり深く考えないでください。

このワタリガニは1㎏弱でした。

日本では昔からカニは食べてれていて、万葉集の中にもカニを食べる歌が登場するそうですが、
毛ガニやズワイガニが登場するのは漁が発達した近年になってからで、それまではカニ=ワタリガニ
だったそうです。



まずは蒸して。

毛ガニの濃厚さやズワイの品の良さはありません。やさしい穏やかな味です。

内子は加熱度により味と食感が変わり、カラスミのように感じたり栗のようになったりします。
身は強烈さはまったく無いものの、「カニ」とイメージする味そのもので日本酒に例えると、
関西や中国地方のどちらかというと田舎の酒蔵のお酒って感じです。
一口だとものすごく旨いとは思えませんが、いつのまにかそのお酒に引き込まれて
しまう感じ。

いい悪いは別として、北のカニとはまったく違う味です。
もちろん、青森のワタリガニとも違います。
ただ、築地に入荷するワタリガニのうち、かなりの割合が青森産という説もあり、一番おいしい
青森のワタリガニを自分が食べていない可能性もあります。



炊き込みご飯。

今までいろんな炊き込みご飯を食べてきましたが、これはベスト3に間違いなく入ります。



おだやかなカニの風味がまんべんなくご飯にしみこみ、食べていて気持ちがおだやかになり、
時間がゆっくりと流れて行きました。

瀬戸内海の味そのもの。



このシリーズ、暫く続きます。次回はサワラかな?

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ