食堂

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/01/03(火)
昨日は東北道を北上。

DSC_003020171002.jpg

お昼ご飯は新町のラーメン屋さん、神武食堂、安方の喫茶店など行きつけの店はすべて休業のため、

青森県南部、大鰐温泉の日景食堂か山崎食堂で・・・と思い、碇ヶ関インターチェンジ(いかりがせきインターチェンジ)

で高速を降り、まずは日景食堂に向かったところ、すぐ近くのお寺の参拝客で道路は大渋滞、駐車場も満車のため、

すぐさまあきらめ山崎食堂に到着するも、いつもクルマを停める道の駅も満車。

やっているお店は、どこも混雑しているもよう。

ふたたび高速に乗り、到着したのは津軽サービスエリア(下り線)。

下りの高速がガラガラだったので、ここなら空いていると予想。

目論見通り、クルマは(雪も)少ない。

DSC_004020171002.jpg

メニューを見ると、焼き干しラーメンが680円、

DSC_003720171002.jpg

しじみラーメンが800円だったので、

DSC_003820171002.jpg

注文したのは津軽そば、410円。

DSC_003920171002.jpg

焼き干しの風味は感じることが出来なかったけど、麺は安定の津軽そば。

これはこれでおいしいと思う。

無事に昼食を食べることが出来て、めでたしめでたし。

DSC_003520171002.jpg
2016/11/21(月)
昨日の昼食は、木造駅前に行き、神武食堂で担々麺を・・・

と、思いましたが、

DSC_001620161120.jpg

店の外まで行列が出来ています。

11時15分でこれですよ(お店の開店は11時)。

恐るべし神武食堂。

DSC_001520161120.jpg

仕方ないので津軽半島を北上し、

DSC_001720161121.jpg

到着したのは蟹田町のフェリー乗り場。

DSC_003020161120.jpg

シェ・ロンフウさんで五目あんかけご飯の昼食。650円。

店内の様子は満席のため撮ることが出来ませんでした。

DSC_002720161120.jpg

ここへ来たのは2回目だけど、なんていうか、塩梅がいいというかセンスがいいというか。

とにかくおすすめ。

月曜がお休みみたい。

DSC_002820161120.jpg

食べたかった焼き干しのラーメンを注文しなかったのは、下記の理由によります。

13時20分過ぎでこの状態。

DSC_002920161120.jpg

恐るべし神武食堂&シェ・ロンフウ。

2016/07/23(土)
もうすぐ土用丑の日、なので東北町にある和幸さんで小川原湖の天然うなぎを食べてきました。

DSC_0344_convert_20160723161300.jpg

ここで悲報。大幅値上げ。

以前は3300円だったはず。

まあ、漁期も年4ヶ月しかないし、しょうがないか。

で、また悲報。なまずから揚げ品切れですって。

DSC_0345_convert_20160723161335.jpg

悲しみのまま店内撮影。

DSC_0346_convert_20160723161403.jpg

DSC_0347_convert_20160723161434.jpg

「しらうお」と「しろうお」の違い。

DSC_0348_convert_20160723161527.jpg

肉好きな人にはこんなメニューもあります。

DSC_0349_convert_20160723161551.jpg

天然うな重。4860円。

DSC_0350_convert_20160723161641.jpg

和幸さんに入荷する天然うなぎはサイズがまちまちなので(天然物のサイズを揃えるのは不可能に近い)
日によってはめそっこサイズのうなぎがお重の中に並ぶことになりますが、今日のは特大サイズ。

さてお味は・・・

脂が乗っていて、かすかに川魚の風味が感じられ、うなぎにしては歯ごたえも少しあります。

ただいつもの通り、おしむらくは炭火じゃないことと、タレがなかやさんよりかなり薄い。

うな重の完成度からいえば、なかやさんが上か。

てか天然と養殖物は別の魚と捉えたほうがいいと思います。

DSC_0351_convert_20160723161707.jpg

そう考えると、天然うなぎの良さを発揮させるには、うな重以外の料理法がいいのかもしれません。

こんなの?

日本料理 龍吟 天然鰻炭火焼2011



でも、ここ和幸さんはご主人と奥さんがとても気さくで、すぐ近くの小川原湖についての話し(とっても小川原湖love)
を聞きながら食べる小川原湖産うなぎは大変おいしい。

DSC_0354_convert_20160723161734.jpg

秋になったらまた訪れたいお店です。

DSC_0355_convert_20160723161757.jpg
2016/07/01(金)
弘前市にある三忠食堂さんに行ってきました。

4月の弘前城のさくらまつりのとき、新町のラーメン屋さんがお祭りに出店していたこちらで津軽そばを所望しましたが
あえなく売り切れ、江戸のかたきを長崎で、ならぬ弘前のかたきを弘前で。

はたして津軽そばを食べることは出来るでしょうか。

DSC_0123_convert_20160429211032.jpg

街中というか住宅街というか微妙なところに三忠食堂さんはあります。

DSC_0123_convert_20160701091400.jpg

向かい側のタクシー会社には古いメルセデスがありますが、これ、動くのでしょうか。

DSC_0124_convert_20160701091424.jpg

明治40年創業との説がある三忠食堂。

映画『津軽百年食堂』のモデルでもあります。

DSC_0125_convert_20160701091450.jpg

DSC_0126_convert_20160701091526.jpg

津軽そば、本日はあるようです。よかった。

DSC_0127_convert_20160701091552.jpg

店内の様子。

DSC_0129_convert_20160701091621.jpg

DSC_0130_convert_20160701091647.jpg

DSC_0131_convert_20160701091726.jpg

注文したのはもちろん津軽そば。

訛りで地元の人間ではないと見抜かれたのでしょう。店主さんがこんなものを持ってきてくださいました。

北福さんのですかヤマキさんのですかと聞くとヤマキさんのだそうだす。

DSC_0134_convert_20160701091755.jpg

津軽そば。573円。

DSC_0136_convert_20160701091825.jpg

具はネギと海苔、ナルト。

大豆をすりつぶした呉汁をつなぎに使う麺は、箸で持ち上げるとぶつぶつと切れ、これが津軽そばですといった以外に
感想を持ちませんが、かけ汁は静かにきれいで焼き干しの風味が凛と立っていて、たいへんおいしい。

という訳で、新町のラーメン屋のかたきは無事打つことが出来ました。めでたしめでたし。

DSC_0137_convert_20160701091852.jpg

おまけは柳田きりたんぽ店のビーグル犬。

人が近づくとうれしいらしく大騒ぎしますが、今はじっとこちらを見ています。

DSC_0144_convert_20160624091023.jpg


2016/03/18(金)
おとといと昨日の昼食は木造駅前の神武食堂さんで。

すっかり春になりました。

DSC_0861_convert_20160318225907.jpg

店内の様子。

小上がり。

DSC_0862_convert_20160318225954.jpg

テーブル席。

DSC_0863_convert_20160318230059.jpg

外は春でもいまだストーブは活躍中。

DSC_0865_convert_20160318230139.jpg

中華そば、500円。

シンプルですが大変ゆたかな味。

各種焼き干し、鳥取産煮干しなどをたっぷりと使っているからこの味になるのか。

DSC_0867_convert_20160318230209.jpg

満足して駅前に停めたクルマに乗り込み店の前を通ると、道路脇に置かれた一斗缶から煙が上がっていました。

DSC_0880_convert_20160318233256.jpg

店主が出てこられたので
「なにをやってるの?」
と聞くと、自家製のラー油を作っているとのこと。

実山椒が入っているのでさわやかなんですって。

DSC_0886_convert_20160318230357.jpg

くやしいので、そのラー油がたっぷり使われている担々麺を明日、食べることにしました。

DSC_0888_convert_20160318230424.jpg

で、次の日の昼食は担々麺、700円(チャーシューはオプション)。

山椒は肉味噌にだけではなく、スープとラー油にも入っていたのね。

味のポイントとなる食材を重層的に投入するのがここのお店の得意技みたい。

大正13年創業はだてじゃありません。

DSC_0009_convert_20160318230748.jpg

で、辛い物が好きな方に朗報です。

自家製ラー油、お願いして特別に頂いてきちゃいました(代金はきちんと支払いました)。

DSC_0012_convert_20160318230811.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ