食堂

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/05/10(木)
ちょっと用があり、県立図書館へ。

DSC_1422201805090.jpg

昨日の昼食は、すぐ近くの佐川食堂さんで。

こちらは昭和30年創業。

DSC_1417201805090.jpg

店内の様子。

DSC_1411201805090.jpg

11時すぎに入店したのに、席は半分くらい埋まっていました。

人気店なんだ。

DSC_1416201805090.jpg

調味料類。

DSC_1410201805090.jpg

メニュー。

人気の理由のひとつは、安さ。

きつねうどん400円、支那そば450円。

DSC_1413201805090.jpg

安さにつられてチャーシューメンを注文。

550円。

注文するときに厨房を覗いたら、薪釜で麺をゆでてた。

昔は薪釜だったのは知ってたけど、改装で変わったと思ってた。びっくり。

お味は、喜多方を少し洗練したって感じ。

この価格ではじゅうぶん満足。

DSC_1415201805090.jpg

2018/04/01(日)
竹駒でおいしいラーメンを食べたあとは、岩手県を南下し、一関のベイシーに到着。

ちなみにこのお店を知ったのは、椎名誠さんの本から。

『いまこの人が好きだ!』だったかな。

DSC_754420180324.jpg

入店するか迷いましたが、松竹が中休みに入るのを危惧し、あきらめました。

DSC_754520180324.jpg

というわけで、一関駅前の

DSC_755320180324.jpg

松竹へ到着。

電話で営業を確認はしていましたが、実際にやっているのをみると、感動します。

これまで3回ほど、振られております。

DSC_755620180324.jpg

こちらは2階への入り口。

DSC_755720180324.jpg

店内に入ると、なんと満席。

仕方がないので、天井の写真を撮って時間をつぶします。

今日は2階でも宴会が入っているらしい。

DSC_755220180324.jpg

ほかのお客さんが食べられている料理を横目で見ると、ソースカツ丼以外のものがけっこうあるので、

まよったけれど、注文したのは、結局、ソースカツ丼。

DSC_754720180324.jpg

松竹さんは、いわゆる「駅前食堂」で、列車の出発に間に合うように、すばやく食事を提供しなければならず、

そこで考え出されたのが、このソースカツ丼。

カツを薄くして、すばやく火が通るようにし、カツの歯ごたえを出すため、あえてモモ肉を使う。

このような過程でソースカツ丼は誕生しました。

松竹さんのおすすめの食べ方は、一枚目のカツはそのまま、二枚目は七味をかけて、三枚目はお好み、

というものですが、今回は、卓上にあった山椒をふりかけましたが、これが見事に失敗。

ソースと山椒は、合わないのがわかりました。

DSC_754820180324.jpg

何度食べてもやっぱりおいしい。

厨房からテーブルに運ばれる間の、わずか数秒どんぶりのふたが閉じられることにより、カツの下のキャベツが

しんなりして、甘くなります。

DSC_754920180324.jpg

DSC_755120180324.jpg

たいへんに満足したあとは、松竹さんからクルマで数分のところにあるなのはなプラザへ。

DSC_756220180324.jpg

こちらの3階で、『色川武大と阿佐田哲也の世界』展が行われていたのでした。

入場無料。

DSC_756720180324.jpg

DSC_756420180324.jpg

DSC_756520180324.jpg

DSC_756320180324.jpg

さあ、あとは福島に帰るだけだ!

と、R2に乗り込みエンジンを掛けると、警告灯が点灯。

なんじゃあ、こりゃ。

DSC_756920180324.jpg
2018/03/27(火)
六本木ヒルズで300円のラーメンを食べたあとは、本チャンの昼食。

DSC_760020180325.jpg

まずは第一希望のラ・ブランシュに電話すると、満席ですって。

ふつう、東京での昼食はやまいち一択なので、ほかの店はわかりません。

仕方がないので、地下鉄に乗り、土地勘のある秋葉原へ移動。

日曜の中央通りは歩行者天国になっていて、圧巻の人人人。

DSC_761720180325.jpg

たぶんやっていないだろうと思いつつも赤津加へ。

DSC_762020180325.jpg

やっぱり営業していませんでした。

DSC_761820180325.jpg

DSC_761920180325.jpg

んじゃ本命のトンカツ店へ。

やまいちは休みだけれど、丸五があるさ・・・と思ったら長蛇の列。

すぐさまあきらめました。

DSC_762120180325.jpg

昌平橋を渡り、旧連雀町へ。

DSC_762820180325.jpg

DSC_763020180325.jpg

行列がデフォの藪蕎麦。

まつやも同じなんだろうなあ。

DSC_763320180325.jpg

揚げ物つながりで松栄亭へ行くも、ここも休み。

DSC_765220180325.jpg

こうなったら神保町まで行き、共栄堂でカレーでもと思い、検索すると休み。

そうなんだ、神保町は日曜休日ってのがほとんどで、やっているのは三省堂の地下くらいしか知りません。

大勝軒はやっているだろうけど、ラーメンは食べたばかりだし。

藪蕎麦向かいのショパンに入り、対策を練ろうと思いましたが、ショパンも休み。

ここら辺で心が折れ、向かったのは神田志乃多寿司.。

テイクアウト用の海苔巻きやいなり寿司の店だけど、地下では食事もできたはず。

今調べたら、創業は1902年ですって。

堂々たる百年食堂。

DSC_763920180325.jpg

地下へ降りると、白木を基調とした凛としている店内。

お客さんはテーブルに一組のみ。

カウンターにすわり、メニューを見ます。

DSC_764120180325.jpg

たぶんお酒はなかったと思う。

DSC_764220180325.jpg

左のお皿はおぼろ豆腐。

かなり濃厚、なのでこのくらいがちょうどいい。

DSC_764020180325.jpg

注文したのは椿。

彩りがきれい。

サバ以外のネタには火が通っていて、みなやさしい味。

穴子がいちばんおいしかった。

DSC_764320180325.jpg

追加で茶巾をオーダー。

DSC_764620180325.jpg

玉子はあくまでも甘く、これはデザートだな。

DSC_764720180325.jpg

食べ終えるころには、満席となっていました。

もし次来る機会があるとすれば、かんぴょう巻きにカッパ巻き、いなりに穴子に茶巾かな。

おまけはそこらに停まっていたクルマたち。

これは茶巾色か。

DSC_764820180325.jpg

DSC_765720180325.jpg

DSC_765120180325.jpg

DSC_767420180325.jpg

DSC_763420180325.jpg



2018/03/26(月)
今日の昼食は、新町のラーメン屋さんと、福島市は飯坂温泉にある保原屋食堂さんで。

DSC_769420180326.jpg

DSC_769520180326.jpg

店内の様子。

DSC_769620180326.jpg

DSC_769720180326.jpg

DSC_769820180326.jpg

調味料類。

DSC_769920180326.jpg

DSC_770020180326.jpg

注文したのは、まずは餃子。

これで2人前。

油をたっぷり使い、揚げるようにして焼き上げ、そのあとに油を捨てます。

小ぶりの餃子はニンニクが効いていて、クリスピーでおいしい。

DSC_770120180326.jpg

最初から、醤油、お酢、ラー油が入っているつけタレ。

DSC_770220180326.jpg

飯坂ラーメン、700円。

すべて乗せ?

DSC_770320180326.jpg

天カスが入っているのは、ここは蕎麦も出していて、天ぷらもあるためか。

DSC_770520180326.jpg

2018/03/21(水)
今日の夕食は、弘前市のいもやさんで。

DSC_729920180321.jpg

17時過ぎに到着したため、店内はガラガラと思いきや、満席に近い。今日は祝日だものなあ。

ピカピカのステンレスの写真を撮って、間をつぶしました。

DSC_729620180321.jpg

注文したのは海鮮天ぷら定食、1280円。

ホタテの天ぷらが食べたかったの。

DSC_729720180321.jpg

火を入れることにより、ホタテは甘みと歯ごたえ、味が強くなります。

お店の塩は、沖縄産。取り寄せている由。

DSC_729820180321.jpg

神保町のいもやは今月いっぱいで閉店してしまうそうですが、こちらに来れば、

いもやの天ぷらは食べることが出来ます。

DSC_730020180321.jpg



 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ