ラーメン

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/07/13(木)
米沢市郊外にあるさつき食堂。

喜多方からの帰りに寄りました。

DSC_340520170706.jpg

道路の突き当りは、米沢市立関根小学校。

DSC_342120170706.jpg

DSC_342920170706.jpg

DSC_340220170706.jpg

DSC_340320170706.jpg

DSC_340420170706.jpg

暖簾に『味自慢』とあるお店は、おいしいところが多いと思う(個人の感想です)。

DSC_340620170706.jpg

厨房。

大釜がふたつあり、ひとつにはスープが入っていて、もうひとつで麺を茹でていました。

DSC_341420170706.jpg

テーブルがいくつかと小上がりがあります。

DSC_341320170706.jpg

メニュー。

DSC_340920170706.jpg

DSC_341120170706.jpg

ネギラーメンは750円。

何のへんてつもない昔ながらのラーメンだけど、ていねいに作られたスープはおだやかで、

脂分は少なくないけれどネギが清涼感を醸し、また食感のいいアクセントになっていて、食べ飽きません。

DSC_341520170706.jpg

DSC_341920170706.jpg

青森のルポライター、斎藤博之さんのサイン。

DSC_342020170706.jpg

大きな看板の右下の窓のところが厨房。

DSC_342720170706.jpg

DSC_342520170706.jpg

斎藤博之さんが色紙に書かれていた「畑の野菜」とはここの野菜のこと。

ネギラーメンのネギや冷やし中華のトマトなどは、ここの畑で採れたもの。

DSC_342220170706.jpg

お店の前は田んぼが広がっています。

DSC_342820170706.jpg

おまけ。

米沢市の郊外には前田慶次郎の供養塔があり、ちょっと寄り道。

DSC_343220170706.jpg

建立は1980年。

DSC_343920170706.jpg

DSC_344020170706.jpg

お酒もあります。

DSC_344220170706.jpg

おまけのおまけは態度がでかい茶吉。

DSC_344620170706.jpg

2017/07/02(日)
腰掛庵にてわらびもちを買い求め、

DSC_273320170628.jpg

かき氷を食べ、この日の任務は完了しました。

あとは帰るだけですが、せっかくなので昼食を食べることに。

候補として頭にあったのは、

新庄市の愛をとりもつラーメン

大石田の次年子(じねご)そば

河北町の冷たい肉そば

天童市の水車生そば


の4択。

こうやって書き出して気づいたけど、鳥肉を使った麺料理が多いなあ。

DSC_276820170628.jpg

新町のラーメン屋さんの誕生日が近いことを思い出したので、以前、一緒に行ったことのある

水車生そばに決定。

お店到着は11時半。

DSC_278720170628.jpg

店名の由来かな。

DSC_278820170628.jpg

DSC_278920170628.jpg

店の外に貼ってあるメニュー。

DSC_279020170628.jpg

居酒屋のような料理もありますが、ここは天童温泉のど真ん中。

営業時間は11時から休憩なしで23時まで。

休日は年1回ですって。

DSC_279120170628.jpg

DSC_278420170628.jpg

店の裏には立体駐車場。

DSC_279220170628.jpg

その立体駐車場からお店を見るの図。

観光バスの駐車スペースもあります。

DSC_277520170628.jpg

除雪車完備。

DSC_277420170628.jpg

3階建てのラーメン屋さんは名店が多いのか。

DSC_277620170628.jpg

裏口。

DSC_277720170628.jpg

店内の様子。

どこにレンズを向けてもお客さんでいっぱいなので、これしか写真はありません。

で、こちらは3階まで客席があり、なんと計300席もあります。

いちにちで何杯出るのやら。

DSC_278620170628.jpg

そば茶とおしぼりと番号札。

番号札はランダムに発行されているようで、規則性はないように思われました。

DSC_277820170628.jpg

鳥中華は700円。

DSC_277920170628.jpg

具はたっぷりの鳥肉、きざみ海苔、天かす、三つ葉、ネギ。

和風の出汁に鳥を茹でたスープのエキスが加わってとてもおいしい。

天かすのおだやかな油分も効いています。

たぶんだけど、コショウも少し入っているかな。

麺はダマになっていました。直利庵方式ではないにしても、それに近い可能性もあり。

まあ、少なくともいちにち1000杯は出るから仕方ないか。

それを考慮に入れても、じゅうぶんおいしいラーメンでした。

DSC_278220170628.jpg

新町のラーメン屋さんも、家系図を貼ってください。長島のお寿司屋さんも。

DSC_279320170628.jpg

DSC_278320170628.jpg


2017/06/25(日)
おいしいサクランボを食べたあとは、起源2世紀ごろからの歴史を誇る飯坂温泉へ。

DSC_247020160625.jpg

旅館街。

DSC_247120160625.jpg

マリリンモンローのそっくりさんがコマーシャルをやっていたホテル聚楽。

DSC_247420160625.jpg

そのCMはこちら。



その聚楽のとなり、旅館千歳の

DSC_247520160625.jpg

となりのとなりが吉原食堂。

DSC_247320160625.jpg

今日の昼食は吉原食堂さんで。

DSC_247220160625.jpg

店内の様子。

DSC_247620160625.jpg

DSC_247720160625.jpg

ここに来た理由は、こちらのお店、昭和13年創業。

グーグル先生に教えていただきました。

それに自家製麺。

新町のラーメン屋さんより10年も古いぞ。

何代目なのかな。

DSC_247820160625.jpg

ソースかつ丼にも惹かれましたが、ここはじっとがまん。

DSC_247920160625.jpg

調味料類。

DSC_248820160625.jpg

ラーメンは570円。

とても懐かしいルックス。

30年くらい前、杉並の丸信で食べたラーメンがこんなんだったと記憶しております。

スープをひと口。

おお、これは子どものころ、出前を取って食べたラーメンと同じ味だ!

動物系(鶏)が基本、醤油が立っていて、あとは野菜と魚系が少々。なつかしい。

麺は加水率低めのストレート。

ていねいに作られているので、動物のくさみなどはありません。

立地、内装も含め高得点。

DSC_248520160625.jpg

おまけは、帰り道に通った、インターネットグルメサイトでの福島市ラーメン屋№1の伊達屋さんの大行列。

DSC_249120160625.jpg

2017/06/11(日)
今日の昼食は、福島市の日高さんで、

DSC_135820170611.jpg

冷やし中華、850円。

ちょっと高いけど、具は種類が多く、スープはベースがしっかりしていてまろやか。おいしい。

DSC_135720170611.jpg

2017/05/30(火)
今日の昼食は、福島市のラーメン日高さんで。

DSC_027420170530.jpg

何日か前、散歩のとき張り紙を見て。

DSC_953420170522.jpg

注文したのはざるラーメン(中)、トッピングはメンマ。

計650円。

麺の中に氷が隠れています。

DSC_027820170530.jpg

外麦とブレンドしてると思ったら、なんと100%ゆきちからだそう。

すごくびっくり。

香りの違いはわからなかったけど、なめらかでおいしい。つるつるシコシコ。

つけ汁に最初からラー油が入っていたので、今度はラー油抜きで頼んでみよう。

DSC_027920170530.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ