ラーメン

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/05/09(火)
読みたい雑誌があり、検索すると、県立図書館にあることがわかりました。

そうだ、図書館の近くにはラーメン屋さんがあったな・・・

という理由で、今日の昼食は、福島市森合にある支那そば 佐川 さんで。

佐川さんの駐車場はお店から少し離れたところにあります。

正面の高架は東北新幹線の。

DSC_794420170509.jpg

付近は住宅とお店が混在しています。

DSC_792420170509.jpg

走っているのは飯坂線の電車。

DSC_792520170509.jpg

DSC_792920170509.jpg

11時ちょっと前に入店。

ここに来たのは、25年ぶりくらい。

覚えているのは醤油ラーメンを食べたってことくらい。

あと、当時は、麺を薪を使って釜で茹でていたはず。

創業は、昭和30年だそうです。

DSC_793020170509.jpg

店内の様子。

テーブル席が主体ですが、小上がりもあります。

先客は3人。

すべて男性で、みな私より年上。そしてみなひとり客。

店主がセルフサービスはずのお冷やを持ってきてくださいましたが、店主も高齢。

いいなあ、こういうの。

DSC_793720170509.jpg

DSC_793620170509.jpg

DSC_793520170509.jpg

メニュー。

支那そば450円は安い。

DSC_793420170509.jpg

テレビではヤンキース対シンシナティ・レッズの試合を放送して、もう降板していたけれど、

今日の先発は田中将大。

8回表、ヤンキースは2本のホームランを放ち、得点は10-4。田中投手は5勝目。

ふと、昔の推理小説を思い出しました。

DSC_794220170509.jpg

調味料類。

DSC_794120170509.jpg

注文したのは、チャーシューメン、550円。

鳥の風味を感じます。あと豚も少し。

あと少ししょっぱい。そしてスープが多い。新町のラーメン屋さんの3割増しくらい。

ベクトルは喜多方ラーメンと似たようなものか。

お店の雰囲気と客層がいいのもアシストしてくれて、おいしい。

DSC_794020170509.jpg

その後すぐ近くの県立図書館で、目的の雑誌は無事閲覧することが出来ました。めでたし。

DSC_794620170509.jpg
2017/05/02(火)
弘前で桜を見た日の夕食は、青森市新城にあるひらこ屋さんで。

平日の夜8時過ぎというのに、お店は満席。少し待ちました。

ひらこ屋さんはとても有名。

なんせササメさんも食べに来たくらい。

http://jsasame.blog75.fc2.com/blog-entry-340.html

注文したのはあっさりの中、550円だったかな。

新町のラーメン屋さんにごちそうしてもらいました、ありがとうございます。

DSC_046220170427111.jpg

あっさりと言っても、それは相対的なもので、とてもとても煮干しの風味が濃厚、少し酸味も感じられます。

煮干し好きな人は悶絶すること請け合い。

麺は太いストレートで、柔らかくもちっとしています。

青森には昔からの煮干しラーメンの流れがあり、ひらこ屋さんの品は、それをアウフさせたものと言えるでしょう。

2017/04/14(金)
朝、札幌のK先生から連絡があったので、今日の昼食は札幌じゃないけど、日高の味噌ラーメン。

彩りがきれいだし、自家製の味噌とベースのスープの塩梅もいいし、チャーシューはローストしてあって、

濃くはないけどしっかりと味は付いている。

細麺と太麺が選べます。

焼き鳥屋さんに続き、福島市2軒目の行きつけの店。

DSC_486320170414.jpg

ちなみに札幌は昨日吹雪、今日は晴れですって。

2017/01/27(金)
今日の遅い昼食は、白河市のとら食堂さんで。

DSC_014420170127.jpg

正面の白い建物がとら食堂。

DSC_014320170127.jpg

お店の前の田んぼ。

DSC_014520170127.jpg

DSC_014620170127.jpg

自販機。

DSC_014820170127.jpg

新町のラーメン屋さんの前の自販機と同じ?

DSC_014720170127.jpg

店内の様子。

吹き抜け。

DSC_015320170127.jpg

座敷。

DSC_015020170127.jpg

テーブル席。

DSC_015120170127.jpg

カウンター。

DSC_015220170127.jpg

DSC_014920170127.jpg

調味料類。

DSC_015620170127.jpg

胡椒は白と黒、ミックスの3種類、それに七味とラー油。

サイドメニューがないラーメン一本のお店としては、今まで訪れた中で種類が最多。

DSC_016020170127.jpg

メニュー。

DSC_015720170127.jpg

DSC_015820170127.jpg

玉ねぎのみじん切りは、お好みで。

DSC_015920170127.jpg

DSC_015520170127.jpg


注文したのはワンタン麺。

白河ラーメンはビジュアル的にも美しい。

DSC_016120170127.jpg

海苔は厚みがあり、スープに浸してもくずれにくい。

ワンタンの皮は、酒田の川柳に比べるとやや厚く、具はスープとのバランスを崩さない程度に、味が付いています。

なんていうか、風格があります。

スープは芳醇、けれど無化調のせいか、しつこくありません。

ここらが、幅広い人気を誇る理由のひとつなのかもしれません。

福島を代表するラーメンだと思います。

DSC_016420170127.jpg

とら食堂の味は全国に広まっているもよう。

DSC_016520170127.jpg

おまけは高速のSAにあったウルトラマンの自販機。

DSC_016620170127.jpg

正確にはウルトラマンなんちゃら。だと思う。

DSC_016720170127.jpg
2017/01/20(金)
今日の昼食は、福島市の日高さんでみそラーメン、750円。

らーめんの感想は前回と同じ、おいしい。

今回新たに気がついたのは、軽くローストしてあるチャーシューの味付けに五香粉らしきのが使われていること。

以前、五香粉だか八角で味付けしたチャーシューが入ったラーメンを食べたときがあるけど、香辛料の風味が

スープに移り全体のバランスを壊していた。

日高さんのはそんなことはまったくなくて、上品に仕上がっていました。塩梅がいいのね。

DSC_084120170120.jpg

ここのチャーシューと新町のラーメン屋さんのメンマが今のところ、酒のつまみ2強。

陽風水で焼き鳥を食べて、日高さんで仕上げ、ってのがいいかもしれません。

この記事を深夜に読むと、お腹が空くかもしれませんが、ご勘弁のほどを。

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ