未分類

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/05/25(木)
今日のネコは、午前中降雨のため散歩出来ず、ポリ吉と駐車場のキジトラのみ。

DSC_975920170525.jpg

DSC_976620170525.jpg

駐車場にキジトラはににゃんいて、こちらはあまり近づいてきません。

DSC_977520170525.jpg

まわりをうろちょろしています。

DSC_978220170525.jpg

DSC_978620170525.jpg

DSC_978520170525.jpg

DSC_978420170525.jpg
2017/05/24(水)
川俣町にある猫稲荷神社へ、また行ってきました。

これまでの調査(と言うほど大げさなものではなく、宮城県の丸森町へ1度行き、福島県立図書館に2度行っただけ)で、

猫神の石碑は丸森町、梁川町、霊山町、月舘町、いわき市に存在することがわかりましたが、川俣町にあるとは

どの文献を見ても書いてありませんが、阿武隈川流域の養蚕地帯であった川俣にも猫神の石碑は

あってよいはず。

事件は現場で起きてるんだ!

現場百回


そんなわけで、猫稲荷神社へ出発です。

見送りは草むらでなごんでいた茶吉。

DSC_969920170524.jpg

まったくやる気がありません。

DSC_970320170524.jpg

猫稲荷神社到着。

DSC_972820170524.jpg

DSC_972520170524.jpg

鳥居を背にして右手の景色。

DSC_972620170524.jpg

同じく左。

DSC_972720170524.jpg

DSC_972920170524.jpg

モデルとなったネコは茶トラ?

DSC_975420170524.jpg

DSC_973220170524.jpg

DSC_973120170524.jpg

土の直接刺してあるだけなので、木が痛んでいます。

DSC_973320170524.jpg

同上。

DSC_973420170524.jpg

とりあえずお宮を目指します。

写真右側が参道?

さらさらとした砂地なので、非常に上りにくい。

DSC_973520170524.jpg

何とかすべり落ちずにすみました。

DSC_973620170524.jpg

石段が見え始めました。

DSC_973720170524.jpg

アップ。

DSC_973820170524.jpg

石段の中腹に石碑があります。

DSC_973920170524.jpg

DSC_974020170524.jpg

文字が刻んでありますが、残念ながら「猫」という文字は無いもよう。

DSC_974120170524.jpg

さらに進むと、右手にまた新たな石碑らしきものが。

DSC_974220170524.jpg

これは何?

DSC_974320170524.jpg

石碑上部。

私には、ネコの目、鼻、口、ヒゲが描かれているように見えますが、気のせい?

DSC_974420170524.jpg

ネコがいるようにも、見えます。

今度、公社さんにに借金を払いに行くとき(こればっかり!)、川俣公民館に寄っていろいろ聞いてみよう。

DSC_974520170524.jpg

社殿到着。

全国の猫吉および仲間たちの幸せと健康をお願いしました。

DSC_974620170524.jpg

元々は朱色だったんだ。

DSC_974720170524.jpg

社殿前からの眺め。

DSC_974920170524.jpg

DSC_975020170524.jpg

石碑が猫神のだったらよいけれど、それでどうの、ってな訳でもないし。猫好きの妄想ですか。

DSC_975320170524.jpg

出迎えはポリ吉。

DSC_975620170524.jpg
2017/05/23(火)
4時40分スタート。

DSC_953620170523.jpg

鳩田先生。

DSC_953720170523.jpg

DSC_953820170523.jpg

紫縛りで。

DSC_954120170523.jpg

DSC_954220170523.jpg

DSC_954620170523.jpg

プリウスのネコはどこへ行ったのか。

DSC_954720170523.jpg

DSC_954820170523.jpg

第一ネコは通りすがり。

DSC_955320170523.jpg

DSC_955420170523.jpg

紫じゃないけれど。

DSC_955520170523.jpg

空き家のサバ白。

DSC_955620170523.jpg

DSC_955920170523.jpg

DSC_956120170523.jpg

臆病な白ネコ。

DSC_956220170523.jpg


神社にいたメカ吉。

DSC_957820170523.jpg

DSC_957920170523.jpg

DSC_958020170523.jpg

DSC_958120170523.jpg

DSC_958320170523.jpg

セクシーポーズ(オスだけど)。

DSC_958620170523.jpg

近づいてきます。

DSC_958820170523.jpg

やってきたトランペットのネコ。

DSC_958920170523.jpg

(メカ吉に)近づいていきます。

DSC_959320170523.jpg

ターゲットにロックオン。

DSC_959420170523.jpg

DSC_959520170523.jpg

メカ吉はすりすり。

DSC_959720170523.jpg

DSC_959820170523.jpg

DSC_960120170523.jpg

DSC_960220170523.jpg

困惑するメカ吉。

DSC_960320170523.jpg

DSC_960520170523.jpg

駐車場にはキジトラのみ。

DSC_960720170523.jpg

キジ白たちがいると近寄ってきません。

ヒエラルキーか。

今日はすりすり。

DSC_960920170523.jpg

うしくん。

DSC_961520170523.jpg

DSC_961420170523.jpg

おしまいは昼下がり、暑さにへたばっていた茶吉と、

DSC_969720170523.jpg

ポリ吉。

DSC_969620170523.jpg
2017/05/22(月)
4時25分スタート。

DSC_9478720170520.jpg

今日の予想最高は34℃ですって。

DSC_9480720170522.jpg

理容室のネコ。

かわE

なんにゃんいるのかな。

DSC_948220170522.jpg

空き家近くの家ネコ。

DSC_948320170522.jpg

空き家のサバ白。

DSC_948420170522.jpg

DSC_948720170522.jpg

同じく白ネコ。

DSC_948820170522.jpg

DSC_949120170522.jpg

貞子?

DSC_949320170522.jpg

DSC_949520170522.jpg

臆病な白ネコか?

DSC_949620170522.jpg

微妙な雰囲気。

DSC_949720170522.jpg

のらくろに似ている。

DSC_950920170522.jpg

こーちゃんのマンションの方向を見ていました。

DSC_951020170522.jpg

賢そう。

DSC_951220170522.jpg

DSC_951320170522.jpg

寝ていたこーちゃんの友だち。

DSC_951420170522.jpg

起こしてしまった。

DSC_951720170522.jpg

何回か見かけたサバ白。

DSC_951920170522.jpg

周辺には「ネコにエサを与えないでください」との張り紙がたくさん。

DSC_952020170522.jpg

ぽんたと命名。

DSC_952220170522.jpg

風除けがなくなりました。

DSC_953020170522.jpg

DSC_953320170522.jpg

今度食べに行こう。

DSC_953420170522.jpg

おまけは、近くを走っていたきれいなS-MX。

DSC_9535201.jpg



2017/05/22(月)
昨日の昼食は、秋田県十文字の三角そばやさんで。

DSC_946320170521.jpg

店内の様子。

DSC_946420170521.jpg

山形から豪農の家を移築した由。

DSC_946520170521.jpg

DSC_946620170521.jpg

DSC_946720170521.jpg

調味料類。

DSC_946920170521.jpg

DSC_947020170521.jpg

注文したのは中華そば、680円。

DSC_947420170521.jpg

平舘の高級な焼き干しを使っています。

スープは日本そばの出汁に動物性のスープをブレンドした感じ。和風。

細くストレートな麺は、恒温冷蔵庫で1週間熟成させたもの。ひやむぎのようです。

焼き干しを使用したラーメンの中では、昨日食べた神武食堂、今日食べたくどうラーメンと共に、おすすめです。

あとは大鰐の日景食堂さんかな。

DSC_947320170521.jpg

広くきれいな厨房。

平ザルで湯切りをしていました。

麺は大釜で泳がせるように茹でないと、打ち粉のカタクリ粉がじゅうぶん取れないとのこと。

DSC_946820170521.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ