未分類

『菜のはな』の料理と青森の四季
2018/07/20(金)
長島の焼き鳥屋さん、田中商店に下のお酒とラピスが届きますので、受け取りに行かれてください。

414TVLwK5LL.jpg
2018/07/19(木)
このたび、ネコ関係の記事は、

『今日のネコと神様たち』

http://nekotokamisama.blog.fc2.com/

へと移動いたしました。

神社の分社みたいなものです。違うか。

これからも、当ブログ、そして新ブログを宜しくお願い致します。

2018/07/19(木)
今日の昼食は、レストランのネコがいるレストランで。

朝の散歩で、お店の前を通ったとき、今日のランチのところに、「冷やしラーメン」って書いてあったので、

それを食べにきました。

メニューはなくて、出来るのは日替わりの、「今日のランチ」のみ。

まずはおかず三品。

煮物とおひたしと、おしんこ。

ごはんのかわりに、きょうは赤紫蘇のおにぎり。

DSC_409520180719.jpg

冷やしラーメンと思いきや、登場したのは冷やし中華。

冷やしラーメンが食べたかったのに。

昨日、丸森町へ行くとちゅう、メニューに冷やしラーメンがある(先生にたずねました)ラーメン屋さんで

冷やしラーメンを頼んだところ、出てきたのは生ぬるいラーメン。

水道の蛇口から出てくる水の温度のラーメンと思っていただければ、間違いありません。

気温、37度のときの水道水のぬるさですよ。

混んでいたので、冷やす時間がなかったのかな。

こちらの冷やし中華はふつうの味でした。きちんと冷えてたし。

DSC_235520180719.jpg

餃子もついていました。

DSC_409620180719.jpg

さいごはコーヒー。

あとお饅頭も出た。

このレストランをやられているのは、年配の女性で、お客さんもおなじく高齢のかたばかり。

きょうは冷やし中華を食べ、コーヒーを飲み、あとの料理は持ち帰り、ってお客さんが多かった。

これぜんぶ食べると、かなりお腹いっぱいになります。

ちなみにランチはいつも700円(税込み)。

DSC_235720180719.jpg

レストランのネコがいるレストランなので、ネコがいます。

このネコはエリザベスカラーがはずれた、エリザベス。

お店はカウンターとテーブル席になりますが、テーブル席の椅子は、いつも猫に占領されています。

店内は雑然としていますが、猫のにおいなどは、まったくしません。

DSC_409320180719.jpg

あしたは米沢に、冷やしラーメンを食べに行こうかな。

さつき食堂にしようかしら。

2018/07/18(水)
先日、「村上市 猫の石碑」などを絡め、てきとうに検索を掛けていたら、

丸森町の瑞雲寺がヒットしました。

なぜ?

瑞雲寺のホームページを開いて納得。

http://zuiunzi.net/index.html

「瑞雲寺について」のページをめくると、

創建は1458年

金龍山瑞雲寺は室町時代の長禄二年(1458年) 瑚海仲珊禅師

(こかいちゅうざんぜんじ、新潟県村上市、耕雲寺四世)が金山の地に足を踏まれ、

新潟県村上市の耕雲寺の末寺として金龍山中腹を整地して寺院を建立したのに始まります。


と、あります。

村上市のお寺の末寺だったんだ。

先生は、常に正しい。

てなわけで、さっそく行ってきました。

瑞雲寺到着。

35℃ちかくはあると思われ、石段を見ただけでいやになります。

DSC_397220180718.jpg

丸森には石碑が多い。

DSC_397320180718.jpg

どこかに、髪の毛を供養した「頭髪供養碑」、があるはずですが、暑いのでスルーしました。

DSC_397820180718.jpg

あつE

DSC_398120180718.jpg

本堂到着。

DSC_398220180718.jpg

村上市のお坊さんは、なぜこの地を選んだのだろう。

DSC_398320180718.jpg

で、猫の石碑ですが、お寺の入り口にある、杉の木の根元にあります。

DSC_397420180718.jpg

DSC_397520180718.jpg

DSC_398520180718.jpg

あと、猫の石像もあります。

DSC_398020180718.jpg

石段の登り口右側にありました。

あたまは、なくなっているもよう。

DSC_397920180718.jpg

猫の石碑を見ていると、暑さも忘れます。

DSC_397620180718.jpg

2018/07/15(日)
ヒラツメガニと、カレイの煮付け定食を食べたあとは、わたり温泉鳥の海へ。

なんにもないところに、旅館が建っています。

DSC_387920180714.jpg

まわりは、こんな感じ。

DSC_388020180714.jpg

堤防。

DSC_388120180714.jpg

5階に、露天風呂があります。

DSC20180703125229915.jpg

露天風呂から、太平洋を眺めます。

この写真は、前回、荒浜にきたときのもの。

DSC_2263 (002)20180715

ここに泊まれば、朝日を見ることができるなあ・・・

DSC_2265 (002)20180715

堤防にあがっても(堤防が巨大なので、どうしてもこのような表現になってしまいます)護岸工事のため、

SFっぽい景色が広がっているように見えます(個人の感想です)。

荒浜で朝日を見て、

DSC_2279 (002)20180715

夕方に村上市の瀬波温泉へ行けば、

DSC_088120161110.jpg

夕日を見ることができる!

DSC_01542016111020161110.jpg

思い出したのが、荒浜ははらこ飯の発祥の地ということ。

はらこ飯

日の出を見ながら、阿武隈川の河口で水揚げされた鮭を荒浜で食べて、

hamamatu1.jpg

吉源さんで、

DSC_974020171006.jpg

三面川にかえってきた鮭の川煮を食べて、そのあと、夕日を見ることが出来れば、最高。

DSC_148520171111.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ