FC2ブログ

半径50キロの季節

『菜のはな』の料理と青森の四季
2019/08/20(火)
明日から青森へ行くので、枝豆好きな人へのおみやげを買い出しに。

まずは米沢の道の駅へ。

DSC_2794 (2)20190820

イチオシは前田慶次。

DSC_2796 (2)20190820

新しいだけあって、フードコートも広くてきれい。

DSC_2797 (2)20190820

目指すはだだちゃ豆。

青森産の長芋とか、福島県産の桃なんてのも、売っていました。

DSC_2795 (2)20190820

枝豆は、今日入荷したものです。

しかし「山形県鶴岡産 本場のだだちゃ豆」とあるけど、だだちゃ豆と名乗ることが出来るのは

鶴岡市産だけなはず。

「本場じゃない」だだちゃ豆は存在しません。

DSC_2798 (2)20190820

次は新潟県は関川村で休憩し、

DSC_2806 (2)20190820

本日の目的地は、村上市。

DSC_2812 (2)20190820

DSC_2811 (2)20190820

割烹 吉源さんに到着しました。

DSC_2809 (2)20190820

吉源さんの玄関先から見る、常念寺。

DSC_2810 (2)20190820

昼食を食べるため、では無く、枝豆をいただくためにここへ来ました。

前日、ご主人に電話で

「枝豆を手に入れたいんだけど、どこで買えばいいですか」

と、聞いたところ、

「用意しておくので、取りに来てください」

とのこと。

やでうでしあ、と参上したのでした。

吉源のご主人、たいへんありがとうございました。

「湯上がり娘」と「茶豆」。

DSC_2808 (2)20190820

残念だったのは、近くの珈琲屋さんがお休みで、昼食を食べることが出来なかったこと。

関川村のメイクさんも定休で、昼食は関川村の道の駅のおにぎりセット(300円)になりました。

DSC_2813 (2)20190820

あとは福島まで戻り、果樹農家の友人のところで桃を買い、本日のミッションは終了。

桃の品種は「まどか」。

DSC_2819 (2)20190820

2019/08/18(日)
昨日に引き続きホンダの2シーター。

今回はS2000。

DSC_2721 (2)20190818

歳のせいか、今のクルマより、この頃のクルマにを感じます。

DSC_2719 (2)20190818


DSC_2695 (2)20190818


2019/08/18(日)
今日から22日まで、お休みですって。

DSC_2728 (2)20190818
2019/08/17(土)
セキュリティの問題でいろいろあり、更新出来ませんでした。

今日から平常運行となります。

ホンダ NSX。

今こうやって見ると、大変コンパクト。

DSC_2186 (2)20190810

同時期に発売された、964RSと一緒に走ったら、楽しいだろうなあ。

DSC_2185 (2)20190810

発売されたばかりのNSXの助手席に乗せて貰ったことがあるけど、高速を流している分には、

乗り心地もよく、いたって快適でした。

なんたって初期モデルのタイヤは、(前)205/50ZR15、(後)225/50ZR16と代車のレガシィのより小さい。

DSC_2188 (3)20190810
>
2019/08/04(日)
川俣町の神社の神職さんから、下の冊子をいただきました、ありがとうございます。

IMG_0012 (2)20190803

私がいちばん興味を持ったのは、下のページ。

大嘗祭のとき、各県からお供えされる農水産物の一覧です。

このお供えの品々を(庭積机代物)と呼ぶそうです。

で、何が気になったのか。


北海道   干塩鮭

青森     鮭燻製

岩手     新巻鮭

秋田     塩鮭

新潟     鮭


上の5県が鮭を献納されているようですが、みなプライドがあるのか、呼び名がそれぞれ違います。

それにしても新潟県の「鮭」って、なんなんだ。

生鮭を送るわけでもあるまいし。

IMG_0013 (2)20190803

それぞれの鮭を(畏れおおくも)食べたい私でした。

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ