半径50キロの季節

『菜のはな』の料理と青森の四季
2017/07/21(金)
JRいちのせき駅。

DSC_477020170720.jpg

路地があったので、ネコがいないかと期待しましたが、

DSC_476720170720.jpg

DSC_476820170720.jpg

見つからず。

DSC_476920170720.jpg

肩を落としつつ松竹さんへ。

こちらは1920年創業。もう少しで100年だあ。

DSC_477120170720.jpg

2時前に入店すると、お客さんは6人ほど。

なので店内の写真はありません。

ひょうたんの入れ物に入っているのが七味。となりは山椒。手前が醤油。

DSC_477220170720.jpg

注文したのはいつものソースカツ丼。870円。

どんぶりはふたが乗っています。これ重要。

DSC_477420170720.jpg

カツの下にはキャベツが敷き詰められていますが、フタをすることにより、余熱でしんなりしています。

キャベツだけ食べるならパリッとしているほうがよいのでしょうけど、ご飯とカツと一緒にほうばるには

ある程度柔らかいのが好き。

カツは薄いけど、モモ肉なのである程度歯ごたえがあり、下味もきちんとつけられています。

肉が薄いのは、ここ松竹さんは駅前にあり、お客さんは食事を取ったあと、列車やバスに乗る方が多く、

時間が掛かるメニューは敬遠されるためだと思う。

実際、店内の壁にはいくつもの時刻表が貼られていました。

余談ですが、昔、某青森駅前の食堂に入り、電車の発車までの時間があまりなかったので、

いちばん早く出来そうな刺し身定食を頼んだところ、数種類のサクをひとつひとつレンジで数秒ずつ何度も解凍し、

店内にレンジのチン!という音が響きまくるという経験をしました。

20分後くらいに登場した刺し身定食は、食べられる状態ではなく、時間もなかったので、ほとんど手を付けず

店を後にした記憶があります。

DSC_477520170720.jpg

かための衣のカツ、少し柔らかなキャベツ、かために炊かれたご飯のバランスがとてもいい。

不思議なのは何時に入店してもご飯は熱々。

途中で七味を入れると、味が変わり、最後まで食べ飽きません(投入しなくても、食べ飽きないけど)。

そんなことは何も考えずにいつもこちらで食べていましたが、ほかでソースカツ丼を食べるようになり初めて

松竹さんのカツ丼がいかにおいしいかを思い知らされました。

DSC_477720170720.jpg

食事後、お店のおばあさんと少し話しをさせていただきましたが、一関ではソースカツ丼を出すお店は

ここ一軒しかないのだそうです。

ソースカツ丼はけっこうあちこちの街にありますが、新潟市や会津若松市、福島市などはそれぞれけっこうな数の

お店があります。

おばあさんの言葉に、100年食堂の誇りがほんの少し見えたような気がしました。

2017/07/21(金)
少し前、某〇HKのラジオで、岩手県は洋野町種市のウニの養殖のことを放送していました。

海底に溝を掘り、昆布が生育しやすい環境を作り、そこにウニを放流しているそう。

なので、とりあえず種市の港へ行ってみました。

関係ありませんが、私たちの年代の男性には、種市って、特別な響きを持っております。

港に隣接していた建物で仕事をされていたきれいなおねえさんに

「ウニが買えるところありますか?」

と聞くと、

「向こうに見える白い建物にあるかも」

と、教えてくださいました。ありがとうございます。

DSC_475620170720.jpg

こちらがその白い建物。

DSC_476520170720.jpg

ひろの水産会館。

ウニークとも言うんだ。

水槽に入ったウニはありましたが、小さく、お店の方によると、今年は身の入りがあまりよくないとのこと。

どんなものか見たかったので、買うから割ってほしいと言いましたが、今日は殻剥きを出来る人がいないそうで、

青森から田中さんを連れてこようとも思いましたが、ここまで3時間は掛かるしなあ。

買うのは諦めましたが、ものすごく安かった。8~9個で1000円!

DSC_476620170720.jpg

負け犬となり建物を出ると、目の前には施設が。

DSC_475720170720.jpg

DSC_475820170720.jpg

うに栽培漁業センター。

ここで養殖をしているのか。

DSC_476420170720.jpg

こちらのブログによると、見学も出来るらしいですが、震災後はどうなのかな。

http://trynext.com/travel/100802-1000.php

DSC_475920170720.jpg

施設の外から写真を撮っただけなので、ものすごく消化不良。

行き当たりばったりはダメだな。

今度改めて来たいと思います。

DSC_476120170720.jpg

DSC_476220170720.jpg

DSC_476020170720.jpg

DSC_476320170720.jpg

2017/07/19(水)
おとといの遅い昼食は、木造駅前の

DSC_436120170717.jpg

神武食堂さんで、

DSC_435920170717.jpg

五目ラーメン。

DSC_436520170717.jpg

まずはスープをひと口。

おだやかな甘さはあるものの、塩っけもそれほどではなく、印象は薄い。

それが食べ進むにつて、野菜のおいしさと甘さが融け込んでいるスープが芳醇に感じられるようになり、

食べ終わるころには大満足!

このスープ、とにかく野菜が多い。種類も量も。

それに加え、豚肉、イカゲソ、エビ、玉子(ポーチドエッグを崩した感じでスープに入っている)のそれぞれの

うま味が溶け出し、複雑で繊細でたいへんおいしい。

担々麺もいいけれど、五目ラーメン、おすすめです。

DSC_436720170717.jpg

貼られていたポスターの数々。

青森は短い夏を迎えます。

DSC_436920170717.jpg

DSC_437020170717.jpg

DSC_437120170717.jpg

DSC_437220170717.jpg


2017/07/19(水)
まずはポリ吉。

DSC_430120170717.jpg

米沢市の郊外にいたのは、ネコじゃなくてサル。

DSC_430420170717.jpg

秋田県は道の駅てんのうでは

DSC_433220170717.jpg

ネコはいなかったけど、「猫にマタタビ」を発見。

DSC_433420170717.jpg

〇吉親子へのお土産にいいかもしれない。

DSC_433520170717.jpg

青森県は木造駅前では、

DSC_436120170717.jpg

散歩中のリードネコを発見。

DSC_436220170717.jpg

シッポがピーン!となって、うれしそう。

DSC_436420170717.jpg
2017/07/16(日)
田中商店、今日のおすすめはメバル。

IMG002011.jpg

今別は高野崎から奥平部のあたりの海で釣れました。

IMG002021.jpg

大漁!

IMG002031.jpg

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ