FC2ブログ

半径50キロの季節

『菜のはな』の料理と青森の四季
2020/03/30(月)
行きつけのスーパーに、このような紙が貼り出されました。

DSC_0743 (2)20200328

もう、パソコン持って引きこもるしかないかも。

_20200329_162013 (3)

2020/03/27(金)
DSにはいろんなバリエーションがあります。

下の画像は、スマホの待ち受けにしているもの。

_20200218_231508 (3)

クーペ。

_20200327_215344 (3)

リムジン。

_20200327_122059 (3)

タルガ。

_20200327_122217 (4)

カブリオレ。

_20200327_215238 (3)

_20200327_214517 (3)

バン。

_20200327_122323 (3)

宇宙船。

_20200327_144154 (3)

ムカデ車。

_20200327_144404 (3)

どこをどう切り取っても絵になるDS。

_20200314_153015 (3)
2020/03/25(水)
先日、入院したとき暇だったので、持ち込んだ本を読んでいました。

その本のあらすじは、すごく大雑把に言うと

「東日本大震災を経験した宮城県在住の主人公が、過去に水害を経験した土地を巡る」

というもので、主人公は過去に大水害を経験した奈良県の十津川村を訪れます。

Wikipediaによる十津川村です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/十津川村

主人公は十津川村の旅館に泊まるのですが、夕食に柚を使ったゆべしが出てきます。

柚が大好きな私はそれを食べたくなり、通販で買おうとしましたが、まったく見つからず、

あちこちに電話して、やっと製造元から取り寄せることが出来ました。

ちなみにこのような物は石川県にあることは知っていましたが、今回調べると、同じようなものが

全国にあることがわかりました。

送られてきたのが、下の写真のものです。

DSC_0264 (2)20200319

開けるとこんな感じ。

お裾分けするため、5個注文しました。

DSC_0266 (2)20200319

納豆のように、藁に包まれていました。

DSC_0267 (2)20200319

同封されていたしおり。

DSC_0268 (2)20200319

DSC_0271 (3)20200319

柚をまるごと使っています。

作り方は、柚をくり抜き、中に味噌、そば粉、米粉、いりごま、しいたけ、鰹節等を粉にして

混ぜ合わせたものを入れ、蒸したあと、寒風に晒すそうです。

DSC_6756 (002)20200319

スライスした状態。

食べると柚の香りが押し寄せ、おいしいけれど、保存食だけあり、かなり塩辛く、チーズと合わせたり、

カラスミのように大根と一緒に食べるのがいいかもしれない。

酒のつまみには良さそう。

その時は、奈良県の7日本酒、『風の森』をどうぞ。

DSC_6758 (3)20200319

ごちそうさまでした。

2020/03/23(月)
運転席まわりの写真を集めてみました。

DS

_20200323_153352 (002)7

_20200223_172251 (002)

SM

_20200323_154131 (002)

GS

Screenshot_20200314-191623 (3)

GSA

Screenshot_20200323-222911 (4)

VISA

Screenshot_20200323-222433 (4)

CX

後期。

_20200323_153327 (002)

BX

前期。

_20200322_101129 (002)

後期。

_20200217_184631 (002)

XM

_20200313_072105 (002)

すべて市販車なのが凄い。








2020/03/22(日)
4月から営業時間が変更になります。

_20200321_155604 (002)

閉店時刻が午後4時から3時に。

 | Copyright © 半径50キロの季節 All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ